宮崎市大淀川リバーシーバス、1年マジで同じポイントに通い続けた結果の季節パターン。

シーバス釣りが上手くなるには「1年同じポイントに通え」というのは誰しも目にした事があると思うのですが、

本当にやってみました(家から近いからですが)

約1年経ったので通った結果分かった事を季節ごとにまとめてみました。

たぶん同じ場所に100回程は通ったと思います。

尚、宮崎での結果なので地域が違うと時期が異なると思うのでご了承ください。

あと、「同じ場所」といっても上流・下流300メートルくらいは移動してますのでご注意ください。ナイトゲームはほとんど移動せず回遊待ち、デイゲームはランガン、というスタイルです。

春のパターン

1年で最も苦戦する時期が春(3〜5月)です。

特に4月半ば〜5月がヤバい。

これはいわゆる「ハクパターン」が原因と思うのですが、2月はまだ小さいミノーやシンペンを使えば結構釣れるんですけど、それが4月半ばくらいになるとさらに渋くなります。

ちなみに宮崎の場合、ハクがどんどん登っていくのでシーバスが河口部から居なくなるだけで上流(5km以上)まで行くと釣れる時期ではあります。

ただ上流でそこそこ釣れるのを知っていたものの、同じポイント(河口から2〜3km)に通い続けた結果、マジで釣れない時期がありました。。

オススメポイント: 河口部(4月まで)

         (堰が無い河川)5km以上の上流(4月以降)

オススメルアー: テトラワークス ユラメキ、ダイワ ガルバ73S、ダイワ ガルバスリム、ダイワ モアザン スライ95F

レンジ:表層

夏のパターン

苦戦の時期を乗り越えて釣れるようになるのが夏(6〜8月)

梅雨時期に雨さえ降ればベイトが上流から流されてくるのと、餌になるボラも大量に河口部に残るので大きめのルアーにも反応するようになります。

河口部のナイトゲームでは良型サイズが出るようになります。

ただ大雨や台風などで釣りにならない日が多いのもこの時期。そんな時は港湾部で釣れるので港湾部に行くのもアリですね。

デイゲームでもストラクチャーを攻めればセイゴが飛び出してくるので楽しい時期です。

オススメポイント:河川全般、港湾部

オススメルアー:(デイゲーム)ダイワ モアザン グルービン65S、コアマン バイブレーションジグヘッド VJ-16/22(7月以降)、ダイワ ミニエント57S

レンジ:中層〜ボトム

釣行記:

7月の釣行記

8月の釣行記

ここから冬までしばらく安定的に釣れる時期になります。(9〜11月)

デイゲームはあまりやってないのでまだ不明ですが、ナイトゲームなら安定的に釣果が出ます。さらに外道(メッキ、マゴチ、ソゲ)も釣れるようになり、シーバス釣行で思わぬ魚が掛かったりする時期でもありますね。

小物も連発するので2桁釣果も狙える時期です。

オススメポイント:河川全般

オススメルアー:ダイワ モアザン ミニエント57S、コアマン バイブレーションジグヘッド VJ-16/22

レンジ:中層〜ボトム

釣行記:

9月の釣行記

10月の釣行記

11月の釣行記

この時期、ミニエントのダートアクションに非常に反応が良いのですが腕が疲れます(笑)

ミニエントとVJ-16/22があれば無双出来ますね。

意外とイージーに釣れるんじゃないか、というのが冬です。

宮崎と言っても寒いので面倒になる時期ではありますが・・・。

ただ2月からは状況が変わり、マイクロベイト(ハク)パターンに入りますので、ルアーを小さくしないと釣れにくい状況が起きます。またはスライのような微波動ルアーのドリフトですね。

そこを押さえれば冬でも数釣り可能です。

オススメポイント:河川全般

オススメルアー:コアマン バイブレーションジグヘッド VJ-16/22、テトラワークス ユラメキ、ダイワ モアザン スライ95F

レンジ:中層〜ボトム(〜1月まで)

    表層(2月)

釣行記:

12月の釣行記

1月の釣行記

2月の釣行記

このスライを明暗際に流し込む、、みたいな釣りも楽しいですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする