懲りずにメッキ釣り。反応が良かったワームはどれか?(2015/8/30)

またメッキ釣りに行ってきました、というより雨のため海水がかなり濁っている状態でしたので、メッキくらいしか釣れる気がしない、、、ということでメッキ釣りです。

あまりこれまでメッキを狙ったことは無いのですが、釣ろうと思えば小物なら大抵釣れます。
大抵河川の近くの船着場のようなところに隠れているので、河川が近くにある防波堤には沢山います。

今日のタックル

ロッド:クロステージモバイルシリーズ CRK-764SL
リール:14カルディア2508H
ジグヘッド:尺ヘッド Dtype 1.5g

やはりメッキにはダートするジグヘッドが一番良い気がしています。

さてまずはREAL METHODのアジキュート 夜行ピンクから。

早速チェイスしてきます、、が寸前で見切られている感じで、稀に咥えたりしますがフッキングしません。
しばらくやってても同じ状態。

というわけで次にTICT ギョピンのナノラメグローオキアミカラー。

これもアジキュート同様にチェイス&たまにアタックしてきますがフッキングしません。
ちょっと魚が小さいので少しカットしてみましたが・・・ダメ。同じ状態です。

こうなったら持っているアジング用ワームの総力戦となりますw

次にreinsのアジアダー 瀬戸内チャート。

これも同じ・・・。アタックはかなり多いですがフッキングしません。

残念ながらジグヘッドは持っている中では1.5gの尺ヘッドが最小なのでジグヘッドは変えられず。

次にreinsのアジアダー 必殺イワシ。
クリアカラーで勝負をかけます。

心なしか、チェイスしてくる回数が少ない気がしますが、とりあえず全く同じ。
フッキングしない。

わかりました、わかりましたよ、ってことでもはや最後の手段でガルプのベビーサーディンを使います。

が、

まさかの

全く反応なし。

いろんな魚種に対して餌に近い効果を発揮すると言われるガルプのベビーサーディンに全く反応しない。

と、いうわけでワームの種類を使い切ったので終了。

今日はメッキの機嫌が悪いようです。そんな日はさっさと終了。

とりあえず個人的感想では、reinsの瀬戸内チャートが一番チェイスしてきました。
今日は濁りがあったので、紫外線を吸収して発行するこのカラーが一番目立ったようです。

このカラーは中々使える気がしますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする