何となく平日シーバス釣行。秋のハイシーズンの始まりを感じる(2017/9/7)

何となく平日シーバス釣行。秋のハイシーズンの始まりを感じる(2017/9/7)

 

激務を乗り越えた部下K君がたまらず「今日は大淀川に釣りに行く」と言うので、

「じゃあ、現地の状況教えてね」

というお願いをしていたところ・・・

「着いてすぐ2回ヒットしましたよ!」

という有益情報がもたらされたので、さっさと飯食って釣行することに。

 

現地到着

現地に着いた所、K君が48cmのシーバスを既にゲットしており、期待が高まる。

しかし・・・なかなかの強風と強い流れで、キャストしたルアーがあっという間に下流に流される状況。

それでもK君曰く「アタリはある」とのこと。

K君が橋脚の明暗を攻めている所、僕は下流側の橋脚周りを攻めるが・・・一切反応無し。

合流して小一時間ほど経ち、K君が帰り支度を始めたので、その明暗をSasuke SF-75で攻めると・・・

バシャ!

ヒットとほぼ同時にエラ洗い!、、、でバラす。と言っても30cmくらいのチーバスでした。

個人的な感想ですが、この「Sasuke SF-75 ゴールドキャンディ」はエリア10の次くらいにアタリが多いので重宝してます。
小さいシルエットと小刻みなウォブリング、金色というのが状況に合う事が多いようです。

 

 

そして、、祭りが始まる

K君が帰宅し、しばらくすると風も止み、川の流れも少し穏やかになってきた時・・・

急にシーバスのボイルが始まり、水面が慌ただしくなる。

確変来た!!

ということでエリア10を通すと、魚はぶつかって来るが乗らない。Sasukeも同様。

投げる度に魚が当たるんですがどうもフッキングに至らない。

 

ルアーチェンジを繰り返し、状況に合ったルアーは何だ・・・?と試行錯誤して、行き着いたのが「モアザン ミニエント 57S」でした。

夜にバイブレーションを使う、というのはこれまでほとんどやらなかったんですけど、普通に釣れるということなので試してみることに。

 

なるべく夜でも目立つようなカラー・・・「レモンソーダミント」をチョイス。

 

最近僕の中で流行ってるのが、「バイブレーションで際を通す」「1秒に1回程度の軽いシャクリを入れてダートさせる」という釣り方です。

ミニエントはこの釣り方に適したバイブレーションなので、今回はボイルしている所に向け、あまりレンジを深くしないよう、着水直後に軽いシャクリを1秒間隔くらいで入れて、ミニエントを軽くダートさせながら巻くと・・

 

ゴン!

ジーーーー!

 

シーバスがヒット!ドラグが鳴る!バラさないようにアワセを入れてがっちりとフッキングを決める。

ファーストランをいなしたところ、割と寄ってくるのでそんなに大きくないかな?と思ったら、、、

足元でエラ洗いを連発!

姿が見えた所そこそこのサイズ。

 

そのエラ洗いにも耐え、無事ランディング。

最近メジャーを忘れる事が多く、今日も忘れたんですが65〜70cmくらいというところかな、という良型シーバス。

リリースしようとしたらポロッと落ちて石で強打してしまい、、、どうしようかなと思ってたら、隣で釣りしてた人が欲しい、という事なのであげる事に。

 

祭りは続くが・・・

2匹目を狙って再びミニエントを投げるが・・・見切られたのかやはりルアーに当たるけど乗らない。そこから持っているルアーをいろいろ試すものの、投げる度に毎度魚の反応はあるが乗らない状況が続く。

二週目のミニエントで再びヒットするが・・・バラし。

祭りはまだ続いていて、表層でシーバスが何かを追っている状況は続いていましたが、風がまた吹き出したのと、当然ながら翌日は仕事なので納竿。

久々に数多くのシーバスがボイルしている状況で、秋のハイシーズンが近いことを感じました。

 

今日のタックル

またかよ!と思った人はそっと閉じていただけると幸いです。

・ロッド NSS-902SSJ

今回の釣行で65cmほどのシーバスが獲れたので、「これはランカーも行ける!」と確信しました。扱えるルアーが5〜30gと、いわゆる「MLクラス」のシーバスロッドとそんなに変わりませんので、ちとグリップが長いのがシーバスロッドとは違うところですが、全然問題ありません。

 

・リール 16セルテート 2510RPE-H

こちらも最高レベルの剛性感から「ランカーも全然行ける!」と確信したリール。

シーバスだと3012Hを使う人が多いと思いますけど、2510でも別に問題ない気がしますよ。

そのくらい頑丈な感じがします。

シーバスカテゴリの最新記事