2024年コスパ最高のベイトリールが決まりました「24SLX」これは素晴らしい。

※当サイトはアフィリエイトリンクを使用しています。

シマノ

 

全然注目してなかったリールなんですが、これは素晴らしいぞ24SLX

今年の釣りフェスティバルでも展示されてたけど、別に代わり映えしなかったんで、完全にスルーしてたリールが「24SLX」なんですが、発売後なかなか評判が宜しいという事で気になって購入してみました。

まあ本ブログを見ている方が居ればお気づきかと思いますが、私普段「マグネットブレーキのベイトリール」ばかり使っておりまして、そうなると基本的にダイワかアブが多くなるわけですよ。なので遠心やDCが多いシマノのリールは全然持ってないわけです。持ってたけど売っちゃっただけですけど。

キャスト上手くないのでトラブルレス性能を重視してたらマグネットブレーキのリールばかりになっちゃってたんですが、ここ数年ほとんどベイトリールしか使ってないので、久々に遠心のものも使ってみようかなということで購入です。

 

24SLXのスペック振り返り

スプール経:32mm(幅21mm)

自重:195g

巻き上げ長:82cm(XGの場合)

 

というようなスペックです。私はレフトハンドルしか使えないので、今回「71XG」を購入です。ラインは適当に余ってたPEを下巻き入れずに100m程度巻いてみました。

今回の最大の特徴は「MGLⅢスプール搭載」という事で前モデルからの若干のナロー化が行われており、軽量ルアーへの対応力がUPしてるようです。ちなみにドラグクリッカーは安価なモデルらしくありません。あと最近のシマノはリール袋も付属しませんが、SLXにも付属しませんね。(逆にダイワはレガリスに付ける太っ腹)

 

 

巻き心地その他の感想

ボディその他は19SLXとほとんど変わらないらしい(持ってないので不明)のですが、

・質感

・巻き心地

全然悪くないです。むしろ良い。前にSLX DC XT持ってましたけど大差ないように思います。

実売1.5万円付近のリールとは思えないくらい良いですね。このあたりは最近ダイワも非常に良くなったとはいえ、さすがシマノ、という感じです。

 

キャストしてみた

遠心はあまりにも久しぶりなので・・・諸々セッティングを試しまして、最終的には

遠心は1つON

外部ダイヤルは3付近

くらいが丁度良いかなという設定でした。また変えるかもですけど。ルアー重量に応じて外部ダイヤルは微調整程度で全然バックラせずに投げれますね。

 

で、まず私が使うルアーの下限が5gくらいなので、「レッドペッパー BABY」を投げてみましたが

PEを100mほど巻いたんですけど、「5gは普通に投げられる」と言って良さそうです。ただPEでも5gが下限くらいかなという印象です。

気持ちよく投げられるのはやはり7〜8gくらいからかな、という感じですかね。

私の所持している「アルファスSV TW」「ゼノンLTX」超軽量な社外スプール入れてるという事はあるんですが、SLXのほうが軽量ルアーを扱う際にはしっかりテイクバックを取ってキャストする必要はありました。勿論34mmスプールのものに比べると軽量ルアーが扱いやすいのですが、スプールをしっかり回す必要がありますね。

私の用途としては全く問題ないレベルです。

逆に重量のあるルアー、と言ってもさすがにビッグベイトなどは投げてない(PE0.8号しか巻いてないので)んで、13g程度のラフトリックを投げてみたんですが、このくらいの重量でも非常に快適です。

 

さすが遠心、飛距離も十分

慣れるまで何回かはバックラしたんですが、極端なトラブルは起きず、それほど気にする必要も無さそうです。

飛距離も私がよく使う24スティーズ、ゼノンLTXといった飛距離が出るリールと全然遜色ないように思います(測ってないけど)

なので普通にフルキャストするような釣りであれば全然イケます。

 

24SLXが向いてる釣り

バス釣りはさておきまして(私やらないから)

・チニング

・シーバス

・ライトロック

このあたりは全然余裕だと思います。特にソルトの釣りはベイトの鬼門ではあるので(塩ガミするから)、格安なリールでやったほうが気分的に楽ですね。私はチキン野郎なので24スティーズのようなリールはソルトでは使いませんが、SLXなら気兼ねなく使えます。

 

 

全体的に悪いところがそれほど無い、優等生リール

トラブルが多いわけでもなく、飛距離も出る。

極端に悪いところが思い当たらないです。なのでサブ機としても良いですし、正直24SLXで1年使い続けろと言われたら十分可能なレベルです。非常に素晴らしい。

強いて弱点と言うならば

 

・自重がこのスプール経のリールにしては重い(195gなので、175gのアルファスと20g程度、24スティーズだと30g差があります)

・ダイワ機に比べると近距離キャストのような場合少し外部ブレーキいじった方が良い

 

敢えて挙げるならこの程度です。自重については繊細な釣りをする場合に少し問題になるかな、という点ではありますが、私はほとんどチヌトップしかしませんので繊細もクソも無いので無問題。

ブレーキもマグに比べるとやはり若干ながら扱える範囲が狭いと言いますか、近距離キャストでは少しブレーキ設定を変えないとラインが浮いたりするように感じます。マグだと同じでも結構行けちゃうんですけどね。逆に言えば最適な細かい設定を出来るブレーキなので、最適な部分をより探す事も出来るリールです。マグブレーキのリールだと、どうしても「4と5の間が欲しいのだが・・」というような事もありまして、微調整が出来るリールのほうが好きだ、という人も居るかと思いますので、その場合SLXのほうが細かい調整が出来ますね。

さらに定価が安いので、各種パーツも安価です。

予備スプールも7500円前後なので、例えば私のように0.6〜0.8号PE用と、シーバス用に1.5号のスプールを用意するとか、スプール2つで運用しても2万円程度で運用出来ます。安い。

 

 

価格を考えると2024モデルの中でダントツに素晴らしい

私ポイント還元込みで1.3万円台くらいで買ったんですが・・・もう抜群ですねこの価格帯だと。

競合するリールとしてはダイワの「タトゥーラ80」があるわけですが、タトゥーラはTWS+マグブレーキ搭載でよりトラブルレス、少し軽量ルアーも強いという所はあるんですが、巻き心地、質感など全般的にSLXのほうが個人的にはオススメです。

あまりベイトに慣れてない、という方はタトゥーラのほうが合ってるかも、です。のでお好みで選ぶでいいかなとは思いますけどね。

 

今のところ2024年モデルで性能的に1番は24スティーズですが、実売の価格差が4〜5万円くらいあったりするので、そこまでの差があるのかというと「うーん」という感じです。なので気兼ねなくソルトで使うとか、予備スプール用にもう1台買っても2万円台半ばになるので、コスパは最強ですねこのリール。

 

という事で個人的に2024モデルで一番のオススメはこの24SLXだ、ということになりました。

まさか全く注目してなかったこのリールがこれほどとは・・・。オススメです。

 

タイトルとURLをコピーしました