トゥイッチ、ジャークもやりやすい、ライトゲームで使えて激安価格、DUELの「ハードコア LGミノー(S)」のインプレ

DUEL

この前書いてませんでしたっけ、という「ハードコア LGミノー」のインプレなんですが

 

これに気づく人はDUELのLGミノー所有者ではないかと思うわけですけど、前回は「F」つまりフローティングミノー、今回は「S」つまりシンキングミノーです。

なのでよく見ると別なのです。

 

 

と、上はシンキングなのですが、見ても正直見た目では分からないと思うので、フローティングモデルの写真を。

 

 

スペック上はどちらも50mmサイズなので、「0.5gだけシンキングモデルのほうが重い」というくらいの違いなのですが、よく見るとリップの長さが結構違います。

 

 

こんな感じでシンキングは割とリップが長いのですが

 

 

フローティングはかなり短いです。

この違いによりフローティング/シンキングの違いという点と、巻いた時のレンジに差が出るわけですな。

 

ハードコア LGミノー(S)の特徴

シンキングタイプの説明文を公式から引用しますと

圧倒的な飛距離と驚異的な運動性能を併せ持つ、ニューマグネット重心移動システム搭載。
ただ巻き、トゥイッチ、ジャーク何でもOK。自在に操りキレのあるアクションでバイトを誘発。
レンジキープ力に優れたリップで、ヒットゾーンを誰よりも長くトレース可能。

出典:DUEL

 

スペックは

 

  • 全長50mm
  • 自重3g
  • フック #14
  • レンジ 30〜80cm

 

という感じです。

 

ちなみにフローティングモデルと比較すると

圧倒的な飛距離と驚異的な運動性能を併せ持つ、ニューマグネット重心移動システム搭載。
デッドスローからファストリトリーブまで、安定した泳ぎでシャローレンジを攻略。
ナイトゲームなどスローの釣りが有効となる場合に最適。

出典:DUEL

こちらはレンジが0〜20cmという事で、まさに最近私がナイトゲームのセイゴ釣りに使ってるのに最適なミノーになってるわけです。

 

なのでシンキングのほうはどちらかというと「デイゲームで使用するミノー」で、ナイトゲームではフローティングを使用する、というのが良いかなと思います。

 

LGミノー(S)投げてみた

まあ正直言えば、ぶっ飛ぶとまでは言いませんけど、普通に十分な飛距離が出ます。

3gと考えるとそこそこ飛ぶ方かな、という感じはします。

 

レンジは30〜80cmとありますが、普通に着水後巻いてくると30cmくらいか?という割と浅いレンジをキープできる感じです。

80cm潜らせようと思うとロッドをかなり下向きにして水面に近づけ、さらに少し沈むまで待ってからリトリーブを開始する必要があります。

 

そこまで潜らせようと思うなら、6gの自重があるLGヘビーミノーを使ったほうが良いかなと思いますね。

 

巻いてくると小刻みに良い感じで動きますし、トゥイッチ・ジャークもやりやすいミノーです。

長いリップがそこそこ踏ん張ってくれるので、水面から飛び出す、ということも基本ありません。

 

LGミノーは普通に使いやすい

水深が5M以上あるような場所には不向きですが、やはりシャローエリアではとても使いやすいですね。

なので私個人的には河川で使うのがオススメです。

メッキシーズンでは一軍で活躍しそうなのに安い、という優秀ルアーですね。

 

デイゲームで使いやすいので、クリア系かイワシカラーが良いかなと思います

私が持っているのがこのカラー。クリア系はよく釣れます。

 

ナイトゲームならチャート系が良いですね。ただその場合はフローティングのほうがオススメ。

 

このカラー、セイゴには抜群に効きます。お試しあれ。

 

あれ、シンキングのインプレだったのに。

 

DUELのLGシリーズのインプレはこちら

DUELのライトゲーム用ヘビーシンキングミノー「ハードコア LG ヘビーミノー」のインプレ。安くて使える優秀プラグ。

春先セイゴ狙いのメインルアーとなった、DUELの「ハードコア LGミノー(F)」のインプレ。小型シルエットが効く。

マイクロベイトパターンに使える上にコスパ良好、なDUELの「ハードコア LGシンキングペンシル」のインプレ

 

 

タイトルとURLをコピーしました