相変わらずのセイゴハンター俺(2018/6/6)【2018年6月釣行】

シーバス

 

仕事終わりくらいまでポツポツと雨が降っていたんですが、帰りに止んだので爽やかにシーバス釣行してきましたよ。

 

雨降ったら面倒なので大淀川へ

雨が降りそうな時は基本大淀川へ向かいます。

・橋脚の下で雨宿りが出来る

・近い

という理由だけなんですけどね。

 

そして早速ポイントに着いてみると、、、

・ボイル無し

・流れ無し(満潮付近)

という、微妙な雰囲気ですが構わず始めます。

 

 

トップバッターはこのルアー

最近気に入っているルアーが2つありまして

・モアザン シャロール 75F-SSR

・モアザン グルービン 65S

この2つがデイゲームでお気に入りです。

で、今回はナイトゲームなのですけど、一応どちらもナイトゲーム用にチャートカラーのものは事前に買ってあったので、まずはシャロールの「マットチャート」で挑みます。

 

橋脚の明暗へキャストして、明るい側のギリギリを引いてくるが無反応。

まぁ、そう甘くないよね・・と思いつつ、今度は明るい方へキャストし、暗い方へ引こうとした所・・

 

バシャッ!

 

いきなりの2投目HIT!

 

しかし小さい。ものすごく小さい。

生意気にもエラ洗いを繰り返す。

 

3回目のエラ洗いで、宙を舞うシャロール。

そのまま岩の間にストン。

 

やべえ・・・と思いましたが何とか取れました。

 

一度暴れられると釣れなくなるので、少し上流へ移動。

 

次にグルービンの・・・

ルアーを「モアザン グルービン65S」の、またも「マットチャート」へチェンジ。

 

デイゲームでは流れの中にブチ込んでトゥイッチ、というのが最近よく釣れるのですが、全く流れが無いので、フルキャストしてトゥイッチ、というのを繰り返す。

1投・・・

2投・・・

5投・・・

やっぱりデイゲームじゃないとダメか?と思った矢先に

 

ゴン!

 

とバイト。

 

しかし小さい。先程よりはマシだが小さいのが即分かる。

 

タモすら不要なサイズだったのでぶっこ抜き。

一応、ヒラセイゴのようですが、、、30cmありませんね・・。

しかし他の地域では、ヒラスズキというのはやはり荒れた磯などでしか釣れないようなので、お手軽に河川で釣れる宮崎は贅沢なのかもしれません。たまに60UPくらいも来るので、わざわざ危険な所まで行く必要が無いわけです。

しかしココ最近セイゴしか釣れてないので、セイゴハンターの真骨頂という感じです。

 

この後、ショートバイトの正体が

またシャロールに戻し、フルキャストしてゆっくり巻く、というのを繰り返していると、

コツ

という表現が正しいのか分からない程度のショートバイトがたまに発生。

 

ロッドがモアザンAGSなので、

 

「これが噂に聞く、高感度なタックルなら魚がルアーを追っている違和感を感じ取れるというが、もしやこれがそういうことなのだろうか・・・?」

 

とポジティブシンキングしてたんですけど、さらに数投していると・・・

 

同じ違和感と共にフグがHIT

 

どう考えてもショートバイトは全部フグでした。ありがとうございました。

 

納竿しました。

 

今回のタックル

・ロッド モアザンAGS 93ML

「折れたらヤダ」という理由でしばらく使っていなかったモアザンAGS。何で買ったんだという事に気づきまして最近また使っています。

「尖った槍」のようなロッドだと思います。

とにかくブランクスが薄い感覚があるのですが、別に折れたりはしません。

その御蔭でかなりの高感度ロッドです。

最新の「エキスパートAGS」というロッドがありますけど、たいして変わらないみたいなのでこれで十分です。

 

・リール 16セルテート 2510RPE-H

冬の間、冷たくて使う気になれず、しばらくセオリーばかり使ってたんですけど、1サイズ大きいボディとメタルボディによる最強の剛性感から、バイブレーションを巻く時にはセルテートを使うとすごく楽です。

あんまりバイブレーション使わない人なんですけど、グルービンの早巻きはもはやバイブレーションと変わりが無いので、セルテート使うと楽ですね。

 

たまにツインパワーXDを買ってしまいそうになるんですが、冷静に考えるとセルテートで何ら問題ありません。

タイトルとURLをコピーしました