あれ、ひょっとしてダイワ最軽量?(たぶん)な新リール「21プレッソ」

ダイワ

シマノ新製品発表の影で・・超軽量リールがダイワより発表です

ダイワの「超軽量」なリール群というと・・・「18イグジスト」「21ルビアス エアリティ」といったリールを思い浮かべる方がほとんど、ではないでしょうか。実際にこれらの最小モデルであるフィネスカスタムモデル「FC LT1000S-P」といった番手になると、

 

「150g」

 

というスピニングリールでは1、2を争うほどの自重が実現されています。

ちなみにメーカーを飛び越えて考えると、シマノのヴァンキッシュが145g、アブガルシアのゼノンが142gと、わずか数グラムの差でしのぎを削っております。

 

で、(たぶん)スピニングの最軽量モデルが150gだったダイワに、遂に145gの軽量リールが登場、というわけですね。

それが21プレッソ。

 

出典:ダイワ

 

ただ、ダイワのリールに詳しい人であれば、「プレッソ」ブランドは何用なのかピンと来る人も居ると思います。

基本的にはプレッソは「トラウト用」なんですね。

なのでこの21プレッソ、「マグシールド」は非搭載になります。

 

といったスペック面をおさらいしていきましょう。

 

21プレッソの特徴

先に自重が「145g」と書きましたが(LT1000S-Pの場合)、それ以外の特徴として

 

・ZAION製モノコックボディ

・ATD

・タフデジギア

 

といったダイワの技術が搭載されていて、逆にトラウト用のため「マグシールド非搭載」という事で若干の軽量化、さらに今回

 

オイルボールベアリング仕様

 

と、なっています。グリスよりほんの僅かですが軽量化されますし、粘度が低くなるのでサラッとした巻心地になります。

これだけだと1〜2g程度の軽量化しか実現できないので、あとは何かを削って何とか数グラムの軽量化をほどこして、「145g」という自重を達成しているようですね。

 

21プレッソのスペック

スペックはこんな感じです。

出典:ダイワ

 

巻取り量は60〜64cmといったノーマルギアになります。マグシールドが無いのでちょっと気をつける必要はありますが、アジングなんかでも良さそうなスペックですね。

既に予約受け付けしているショップもあります。

 

今年はベイトフィネスタックルで渓流に行こう・・・と思っていましたが結局行かずじまいでした(やったことがそもそも無いけど)

ダイワもポツポツと秋冬モデルが出てくるので、目が離せないですね。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました