PEラインのメンテナンスを検討する(メンテナンススプレー編)

これまでPEラインのメンテナンスというと、「釣行後にシャワーで洗う」という、リールと一緒に水で流していただけで何らやっておらず、たまにラインを交換する程度で使っていたのですけど、いつの間にか衝動買いでリールが増えてしまってですね、

PEライン代がバカにならない

という切実な問題が発生しております。

巻き替えたりすれば良いわけですけど、面倒じゃないですか。

いつも激安のラピノヴァか、型落ちで特価になってるものを使っていますけど

Amazonでチェック

楽天市場でチェック

Yahooショッピングでチェック

いくらラピノヴァが安いとはいえ、それでも1500〜2000円ほどしますので、高いルアー買うのと変わりません。

さらに、しばらく使わないリールをたまに使ってみると、やはりコーティングが落ちた後は、ガイドと擦れる感覚が分かります。
そうなると飛距離も落ちるし、シャクると違和感があります。

高感度になってきたロッドのせいでもありますが、釣りはやはり快適にしたいものです。

ので、ここはラインもちゃんとメンテナンスをしよう、と思い立っていろいろと調べてみました。

PEコーティング剤の鉄板

まずはこのPEメンテナンスの鉄板。「PEにシュッ!」です。

フッ素系のコーティングにより、ラインのみならずガイドなども綺麗に、滑るようになるそうです。

公式サイト:http://www.varivas.co.jp/Product/searchgroup/id:138

そしてこの「PEにシュッ!」ですが、後述の製品に対するアドバンテージとして以下があります。

ナイロンライン、フロロラインにも対応

これは他の製品に無い点。

ただし「そこそこ高い」という問題があります・・。

有力候補

ここは大手メーカーが出しているものが有力かと。
そのメーカーとは「シマノ」

シマノも出していますね。

デザイン的な意味で、シマノのオイルスプレーと間違うんじゃないかという気がしますが、本当に効果あるの?という時に&大のシマノ派のあなたにはこちらではないかと。

ちなみにPEライン専用のようです。ナイロン、フロロラインにはどうなのか書いてませんね。

コスパ重視

いくらPEラインを長持ちさせるためとはいえ、高すぎるのもちょっと・・・という場合には、PB製品が良さそうです。

釣り具のポイントから、「リアルメソッド  PEラインコートスプレー」が発売されています。

こちらは「PEライン専用」なので、PEにシュッ!とは違い、ナイロンライン・フロロラインには使えないようですが、300mlの大容量なので、PEにシュッ!の業務用と同じ容量で1000円ほど安いです。

そしてPEにシュ!には無い「撥水性」について公式サイトで触れられていますね。

番外:あったほうが良いもの

僕は持っていますが、じゃあPE用のスプレーを買ったとして、ラインに吹き付けるわけですけど、表面だけだと意味が無いので、ある程度浸透させる必要がある、つまり少しラインを出して吹き付ける、というのが必要なので

高速リサイクラーが無いと、結局ラインを出すのが面倒なので、「必須」なアイテムです。

追記:結局愛用しているのはコチラ

リアルメソッドの「PEラインコートスプレー」です。

理由としては

・ラインの滑りが良くなる点については何ら問題ない

・価格が安い(セール時に300mlで1480円くらいになる)

この2点ですね。基本私はPEラインしか使いませんので、コチラで今の所満足しています。

PEラインコートスプレーの注意点

是非覚えておいてください。

非常に注意すべき点があります。

使った後、床が滑ります

コケないように注意してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする