DUEL ライトゲーム ルアー 釣り 釣具インプレ

春先セイゴ狙いのメインルアーとなった、DUELの「ハードコア LGミノー(F)」のインプレ。小型シルエットが効く。

この時期セイゴがよく釣れてるのがDUELの「ハードコア LGミノー(F)」です

 

昨年発売されたDUELのハードコア「LG」シリーズを愛用しているのですが、ここ最近のセイゴ狙い釣行で抜群にアタリが多いのがこの「LGミノー(F)」です。

LGミノーには(S)のシンキング、(F)のフローティングがあり、これは(F)のフローティングモデルのほうですね。

 

 

50mmの小粒なシルエットと、クリア系カラーが多いのが特徴。

クリア系はなかなか初心者の方が手を出しづらいカラーではないかなと思うのですが、DUELさん思い切りましたね・・(笑)

右側はアミパターンに強そうなカラーです。宮崎でアミパターンって聞いたことないけど。

 

 

LGミノー(F)は自重2.5gしかないけど・・・飛距離はどうかというと

 

自重が2.5gなので、メインはメバル狙いのプラグなのかなという感じですが、なんたって宮崎県央エリアにはメバルは居ませんので、最も効くのがセイゴです。

実際に投げてみると、2.5gという自重の割にはよく飛ぶな、という印象です。

ぶっ飛ぶという程ではありませんが、必要十分な飛距離が出ますね。

 

そしてLGミノー(F)のレンジはというと

 

フローティングなので放置すれば浮きますが、デッドスローで巻くと水面直下5〜10cmくらいを進んできます。

リップがありますので水面から飛び出すような事もなく、かといってレンジは若干入るので、ハクを模したような波紋が出るほど表層を泳ぐわけではなく、あくまで一段下のレンジを通せるルアー、という感じですね。

シンキングタイプはさらにもう一段下のレンジを通せますが、こちらは水面から5〜10cm程度を平均的に引いてこれる感じです。

 

LGミノー(F)のアクションは

 

細身なシルエットを持つLGミノーですが、早巻きするとそこそこ動くルアーです。手元に振動がちゃんと伝わるくらいと思ってもらえれば。

デッドスローでゆっくりとアクションが入るので、主にはこちらの使い方になりますね。

 

LGミノーの対セイゴへの使い方

 

主にデッドスローで引いてくる、ドリフトで明暗を流す、というのがセイゴ狙いでの主な釣り方になります。

流れに対してラインテンションが掛かれば、ルアーが勝手にアクションを入れてくれますので、いわゆる「放置」でも釣れてしまうルアーですね。

自重が軽いので強風時は使い勝手は良くないですが、巻けば少しレンジが入るので、水面直下を引いてくるルアーで反応が良くない日に使えるルアーですね。

そこそこ早巻きしても動きは破綻しませんが、2.5gしかないので飛距離はあまり出ないため、どちらかというとデッドスローでの釣りが主体になるルアーです。

 

そして、とにかく安い

 

実売が700円台、という激安価格。

 

 

個人的にはこちらのチャートカラーがオススメです。

このカラーはかなりシーバスからのアタックも多く、今非常に信頼性の高いルアーになってます。

 

LGシリーズのインプレはこちらもどうぞ。

マイクロベイトパターンに使える上にコスパ良好、なDUELの「ハードコア LGシンキングペンシル」のインプレ

DUELのライトゲーム用ヘビーシンキングミノー「ハードコア LG ヘビーミノー」のインプレ。安くて使える優秀プラグ。

RSSで最新記事を読む

follow us in feedly

-DUEL, ライトゲーム, ルアー, 釣り, 釣具インプレ

Copyright© webinthelife , 2020 All Rights Reserved.