2022年チニング向けダイワ、シマノ釣具新製品のまとめ!

シマノ

2022年、各社力を入れているのが「チニング」です

大阪淀川から始まった「フリーリグ」を用いたチニングが全国各地で人気が出ている事もあり、ダイワ、シマノそれぞれチニングの新製品が多数発表されています。本当はリアルタイムに更新したかったんですが人付き合いという大人の事情もありまして、今更記事を書いている訳でして、後からなんで「まとめ」形式でとりあえずチニング向け新製品をまとめてみました。

という事でまずは最も力の入っているダイワの製品からご紹介。

なんたって特設ページすら用意されている力の入れようです。

出典:ダイワ

 

という事でまずは私も購入を考えているロッドから。

 

シルバーウルフMX

出典:ダイワ

今回からデザインが刷新されたシルバーウルフブランドでロッドが出ます。どうやら後続で「AIR」という恐らくAGSガイド搭載モデルが出るそうですが、先に出るのがこちらのシルバーウルフMX。

3機種出るのですが、ベイトが2モデル、スピニングが1モデルというのがチニングでのベイトタックル流行に沿った感じになってます。

 

スペックはこんな感じです。公式の表記がおかしいので、一部情報は某ショッピングサイトから取ってきました。

 

・76MLB-S(ベイト) 自重 98g、ルアー重量4-18g、ラインPE0.4-1号、¥33,100

・83MB-S(ベイト) 自重 未定、ルアー重量5-21g、ラインPE0.4-1.5号 ¥34,600

・76MLS-S(スピニング) 自重 93g、ルアー重量 不明、ラインPE0.4-1号 ¥33,600

 

さてこちらのシルバーウルフですが、過去のモデルを一部私持ってたんですが、ボトムバンプなどがやり辛く手放してしまいました。

今回注目なのが「ソリッドティップ」である事です。チニング界隈でスタンダードとなっている、オリムピックの「シルベラード」シリーズにも一部「HS」というハードソリッドティップモデルがあるわけですが、どうやらダイワは全てソリッドティップのようです。気になるのが「遠投先で掛けるパワーがあるか」「リグの操作性」という所が実際どうなの?という所ではありますけど

 

私はとりあえず83MB-Sを買います。

 

お値段は実売2.6〜2.8万円程度という事で、シルベラードプロトタイプに比べるとだいぶ安価なので手は出しやすいですね。

こちらに動画がありますので参考にどうぞ。

シルバーウルフ SV TW

出典:ダイワ

21ジリオンベースと思われる新リール「シルバーウルフ SV TW」。先のロッドがブラック基調だったので合わせられるように黒です。まあターゲットは黒鯛ですからね。

まあ正直年末に出た「22ジリオン TW HD」と似てくるわけなんですが、シルバーウルフSV TWの特徴は「PE専用のSV BOOSTスプール」搭載、という所と、細糸を使うことを想定した「ハイスピードレベルワインド搭載」という所かなと。

21ジリオン、22ジリオンTW HDと共通の部分も多くありまして

 

・ハンドル長は21ジリオンと同じ90mm(ジリオンTW HDは100mmハンドル)

・ベアリング数はジリオンTW HDと同じ10個(ジリオンSV TWは8個)

・お値段は 22ジリオンTW HD(¥51,700) > 22シルバーウルフ SV TW(¥47,500) > 21ジリオンSV TW(¥42,800)

 

という感じです。お値段見ると21ジリオンSV TWが安く見えますけど。

 

チニングでは細いライン(0.6〜0.8号)を使う事が多いため、ハイスピードレベルワインドによりPEラインの食い込み防止、PE専用SV BOOSTスプールによる遠投性UP、というところが非常に気になりますね。

基本的には遠くでもしっかり掛けるギア比が必要なので、全てXHモデルとなります。

 

その他ダイワからのルアー、小物類

今回ダイワがさらに出すのがルアーと小物類。

 

・アーバンシュリンプ

まずはルアーとして「アーバンシュリンプ」というシュリンプ系ワームが登場。

出典:ダイワ

年間通してクレイジーフラッパーで釣れるんですけど、あまりアクションの強くない微波動系ワームが強い時期があり、そういったシーンではボトムアップのハリーシュリンプが人気だったりしたわけなんですが

今回そういった穴を埋めるべくダイワからもシュリンプ系ワームが登場、という感じです。

お値段も安い(8本入600円)のが嬉しいポイントですね。

 

・KJカーリー チニングカスタム

さらにカーリー系のワームも登場。これはなかなか意外でした。

出典:ダイワ

既にロックフィッシュ用として発売されていた「KJカーリー」のチニング向けにカラーがチョイスされたワームです。

チヌは雑食なので色々な物が餌になるわけですが、カーリーテールのワームを使うことはこれまで無かったので、意外な登場でした。

小さめサイズの2.2インチ、通常サイズの3インチの2タイプが登場です。

 

・シルバーウルフ フック

待ち望んでいたものが来た・・と思ったのがフック。

オフセットフックとストレートフックが登場です。

出典:ダイワ

これ絶対品切れになるやつですやん・・というフックです。

これまでチニングに使われていたフックというと、いわゆるオフセットフックや、トレーラーフックにスレッドを自分で巻いてズレを防止した上で使う・・というシーンが多いわけなんですが、遂に専用フックが登場、という感じです。

さすがもりぞーさんが関わっているだけあって、ワームキーパーが最初から入っていて、さらに掛ける際に必要な若干のオープンゲイブ使用という所がポイントです。ストレートフックはワームキーパーの分か7本入660円、とちょっとお値段は高いですが。

 

さて、、、ここまでがまだダイワ製品のみなので、次からシマノ製品です。

 

ブレニアス エクスチューン

出典:シマノ

シマノのハイエンドシリーズ「エクスチューン」としてブレニアスが登場。

スパイラルXコア、ハイパワーXといったネジレ、潰れに強いブランクの採用という所もあるんですが、何と言っても「カーボンモノコックグリップ搭載」が気になる所です。フリーリグを使ったボトムの釣りは地形を把握する感度が非常に重要なんですが、この感度を高めてくれるグリップとして強い武器になってくれそうです。

ラインナップは以下4モデル。スピニングが3モデル、ベイト1モデルです。

 

・S72ML

・S78ML

・S76M

・B76ML

 

ボートなどで取り回しの良いS72ML、陸っぱりから飛距離重視のS78ML、強めのS76M、唯一のベイトモデルのB76MLというラインナップです。

個人的にはS78があるけれども、もう少し長いモデルが欲しかった所。

やはり本命はベイトモデルではないかなと。といっても冬場は飛距離も必要だったりするんで、S78MLもいいですね。

 

 

・メタニウム シャローエディション

まあこれはチニング専用とかではないんですが、普通にチニングに良さそうなメタニウム シャローエディション。

出典:シマノ

 

最初から夢屋のシャロースプールを搭載となっていて、自重も165gとかなり軽量なメタニウムになっています。

XGモデルなら86cmの巻取り量があるので、チニングに最適。シマノ派です、という方はこちらのメタニウムも候補に上がるのではないかなと思います。

 

しかし残念ながら私が欲しいレフトハンドルモデルは5月、ということで先にライトハンドルが出るので、レビュー見てちょっと考えようかなと思います。

 

という感じでチニングに使えそうな新製品が多々ありますので、これから始めてみよう、という方も、既にやってるよ、という人も是非チェックです。

 

タイトルとURLをコピーしました