ジャパンフィッシングショー2019に行ってきた。19ヴァンキッシュ、19セルテートの感想は・・(その1)

全国の釣り人が注目するイベント「ジャパンフィッシングショー2019」

有給使って行ってやった

これが大人の力というものですね。

という余談はさておき、今年の目玉というとこれらかと思います。

・19ヴァンキッシュ

・19アンタレス

・19セルテート

・19スティーズ CT SV TW

これらをいち早く触る事が出来たので、ご紹介します。

アンタレスとスティーズは次回ということで。

19セルテートの感想

今回(前回もそうだけど)やはりシマノブースのほうが人が多い印象でしたが、個人的に「一番思ったより良かった」と思ったのが19セルテートでした。

(セルテートのブース、照明が暗い・・・)

正直ですね、この「シルバーに変わった」のが僕はあんまり好印象では無かったんですが、実物を見ると「思ったより気にならない」というか「思ってたより良い感じ」でした。

ぶっちゃけ別途紹介するレグザと似てるんですけど、さすがセルテートと言うべきか、良い感じに仕上がっています。レグザはブラック部分がちょっとチープな感じの黒でしたね。

で、見た目よりも当然ながら性能や巻き感がどうなんだ、というところですが、例えるならば

16セルテートを18イグジストに近づけたらこうなった

という感じです。そりゃまあモノコックボディやらの技術は18イグジストからの技術なので当たり前なんですけど、巻き感も結構近い感じになっていると思います。

元々16セルテートをずっと使ってきたので、差はよく分かる方だと思うのですが、思ってたより差があります。16セルテートはダイワっぽい乾いた軽さの巻き感だったのですが、しっとりとした巻き心地でノイズもありません。

ただ、その後18イグジストを巻いてみたら、やっぱり若干18イグジストのほうが心地よい感じはしますね。数万円違うので当然の差ではありますが。

18イグジストの剛性感をUPしたリールがセルテート、という感じがしましたね。

 19ヴァンキッシュの感想

平日なので人は少ないのですが、それでも大注目だったのが19ヴァンキッシュ。

ハンドルが錆びてるように見えますが、こういう塗装です。

ふと思ったのがですね、「意外とハンドルが太い」ように思いました。

こんな感じでどれだけ軽量化出来たかという解説があるのですが、ハンドルは15g減となっているのにも関わらず剛性を保っているのは、多少太くなった感のあるハンドルのおかげかもしれません(比較してないので勘違いかもですが)

そして肝心の「軽さ」ですが、、

凄まじく軽い

です。軽い。非常に軽い。抜群に軽いです。

軽量化についてはもはや完璧に軽いですね。

そして巻き心地も非常に良いです。

1点気になったのが、「デザイン」です。

シマノのサイトで見たときは「非常にカッコいい」デザインだと思ったんですが、実物見た感じ「あれ?」と少し思いました。あれは写真が良すぎたかな・・。

という、一旦まずは19セルテートと19ヴァンキッシュについての感想を書きましたが、あくまで私の主観ですし、ダイワのリールを使うことが多かったので若干ダイワのほうが慣れているところもあると思います。

昨年のイグジストやステラに比べると、当然ながらその技術を引き継いだモデルが今回の2モデルになるので、インパクトとしては薄い感じはしましたが、この価格で買えるようになったと思うと良い傾向ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする