かれこれ6年くらい使っているダイワの「ポータブルロッドケース」を今更インプレ。

かれこれ6年くらい使っているダイワの「ポータブルロッドケース」を今更インプレ。

 

宮崎に来てから本格的にルアーフィッシングを始めまして、かれこれ6年くらいほぼ毎週釣行しているわけですけれども、そのお供として「6年間活躍していて、今だに現役」という一品が、

 

ダイワのポータブルロッドケース

 

なのです。これがとてつもなく便利で、他のケースをいくつか買ってみましたが、使い勝手の面から言って非常に便利なんですね。

 

というわけで6年越しのインプレを今更やってみようと思います。

 

改めてポータブルロッドケースの紹介

ちなみに「ポータブル」と言うのは「いわゆるソフトロッドケース」でして、折りたたんでコンパクトに収納できる物です。

 

こういうやつですね。

出典:ダイワ

 

これが160サイズで、大体9.6ftくらいまでのロッドであれば収納可能です。

10ftになると微妙にハミ出るのであまり向いてません。

170サイズを熱望してるんですが、出ませんね・・。

 

ちなみにもう少し短いロッド用のものになると、リールも入れられるタイプがあります。

これも所持しています。

 

出典:ダイワ

 

リールが運べるので、釣り用バッグが小さい場合、短いロッドを持っていく時はコチラを使っています。

といっても140サイズになるので、大体8.7ftくらいまで入りますが、9ftになるとダメです。

 

 

向いているシーン

このケースが向いているシーンとしては

 

・自転車、原チャリ釣行

・あまり雑に扱われることが無い、近場の釣行

 

といったところです。後者はピンと来ないと思いますが、いわゆる「大人数で釣りに行く」「飛行機に乗せる」といった遠征釣行には「不向き」です。

ソフトロッドケースであるが故に、ロッドを守るという性能は低いです。

その代りコンパクトに折り畳めるので、車の中でロッドケースが邪魔になる、なんてこともありませんし、多少の収納スペースがある原チャリであれば収納可能です。

 

そしてとにかく「軽い」

 

この「携帯性」「軽さ」がとにかく気に入っているポイントで、肩から掛ければ両腕もフリーになりますし、非常に楽です。

 

 

収納性能

大体2本程度のロッドであれば普通に入ります。

3本は、、、入らなくはないですがかなりギリギリですね。

 

 

というわけで軽い釣行におすすめ

他のロッドを大量に積んだりしない、1〜2名での陸っぱり釣行や、近場での釣りには非常に便利な一品です。

6年使ってますが壊れたり破れたりすることも無く、耐久性もあります。

壊れたり無くしたりしたら、「ほぼ確実に買い直す」と言い切れる便利さですね。

 

ただし大切なロッドを確実に守りたい、という用途には不向きですので、そういったケースが必要な方はハードロッドケースや、セミハードケースを買いましょう。

 

そして、、最大のメリットはこれかもしれません。

 

安い

 

3,000円以下でお気軽に買えますよ。

 

短いロッドを持ち運ぶ事が多い、リールも運びたい方はコチラになりますね。

 

 

とにかく軽く、コンパクト、そして安い。
非常にオススメです。

 

ダイワカテゴリの最新記事