エバシリーズその2、YO-ZURI「エバミノー」を買ってみたのでインプレ

先日「エバシャッド」買ってみたところ予想以上に釣れるので今度は「エバミノー」を買ってみました。

本当は2色買ったんですけど、いきなりライントラブル中に根がかりして無くすという悲劇ね。

見た目は普通のミノー、という感じですが、55mmという小粒なサイズです。

リップの大きさ、角度の違いがありますので、「エバシャッド」のほうが深く潜ります

ちなみに公式サイトでは「エバミノー」のほうが深く潜るような事が書いてますけど、普通にエバシャッドのほうが深いレンジになりますね。

というわけで実際に投げてみました。

エバミノーのスペックと特徴

タダ巻ではナチュラルなフォルムと相まって〈エサ〉としての自然な泳ぎを、
そしてジャーク・トゥイッチではイレギュラーなヒラ打ちと
スラッシュホログラムによるフラッシングで反射による〈喰わせ〉が可能。

出典:DUEL

サイズ:55mm

自重:4g

フック:#10

というスペックです。スローシンキングで沈むのが遅いので、任意のレンジに沈め・・というのは時間が掛かってイラッとしますが、ドリフトで使うのは使いやすい感じですね。

メーカー紹介文にあるように、「トゥイッチを入れるとイレギュラーアクションが起きる」というのが結構気に入っているポイントで、軌道を外した動きが入ります。

このアクションの間で食わせる・・・はずだったんですがまだ釣れてません(笑)

あ、でも決して釣れないわけではなく、たぶんもうすぐ釣れます。たぶんね。

ちとフラッシングの強いカラーを早速ロストしてしまったので、また買わねばというところです。

エバミノー投げてみた

4gという重量なので・・・

こんなもんかな

というくらいの印象です。まあまあ飛ぶかなとは思いますが、ぶっ飛んだりはしません。

軽いので追い風ならよく飛びますが、向かい風は厳しいですね。

ただこのルアーの真骨頂は「トゥイッチによるイレギュラーアクション」だと感じているので、

・とにかくシャローエリア

・飛距離が不要な小場所

というところで活躍するルアーかなと思います。防波堤とかだとちょっとレンジが入らないので、エバシャッドのほうが使いやすいかも。

エバシャッド同様、たぶん700〜800円前後と割安なルアーなので、ライトゲーム好き、且つプラグ好きな人には結構オススメなルアーです。

あ、まだ釣れてないんで全然説得力ありませんでした。

というわけで早速ロストしたのでもう1個買う予定です。

ちなみに小粒なのでシーバスのマイクロベイトパターンでも全然使えると思いますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする