ダイワのチニング用オフセットフック「シルバーウルフ フックSS ワイドオフセット」のインプレ

チニング

立て続けにリリースされる「シルバーウルフ」シリーズのオフセットフックを買ってきました

「シルバーウルフ」シリーズのロッドとリールは既に届いたのですが、ついでにオフセットフックも買ってみました。

普段ならもっと大量に買う所なんですが、家にオフセットフックのストックが大量にあるので1セットづつにしときました。

ちなみに普段使ってるのはキロフックワームの#1です。ナロータイプなんかも使ったりします。

 

という感じで使ってるわけなんですが、これから買う方が店舗で見て、その時に迷うであろう点が「フックサイズ」という点かと思うので、今回は使用インプレではなく、ワームにセットした様子などをお届けします。

<追記>

結局この後実釣してきました。

 

という事で比較画像など

という事で今回買った#1と#2がこちらです。

左が#2、右が#1サイズです。

いやこれ見たって分からないだろ・・と思われるということで、実際にワームにセットしてみた感じがこちら。

 

まず#1をクレイジーフラッパー2.8にセット。ジャストサイズな感じがします。

ついでにアーバンクローラーにも#1をセット。

アーバンクローラーは2.5インチなので割とギリギリですがセットは可能。

 

続けて#2をクレイジーフラッパーにセット。

#1がジャストサイズかと思ったんですが、#2でも思ったよりピッタリです(笑)

続けてアーバンクローラー。

こちらは#2のほうがしっくりきますね。

 

釣具屋さんやネットで見てたら#2が欠品だったりするので、売れてる理由はこういう点のようです。チニング用の人気ワームに、フックサイズを変えずそれぞれ合わせやすいのが#2という感じに見えますね。

 

ちなみにオマケでキロフックワーム #1との比較がコチラです。

上がシルバーウルフフック、下がキロフックワームです。こう見ると結構違いますね。

 

ちなみに実際にセットした感じ、ワームのホールド性が良いのはシルバーウルフです。

ここの形状の違いによってだいぶズレにくくなっている感じがしますね。

 

ワームが千切れてくると結構毎投ズレてしまうストレスがあるので、こういう点は非常に助かります。

やはり専用フックはいい感じで使えそうです。

 

 

やっと宮崎でもこういった製品が店舗に置かれるようになりました。

クレイジーフラッパーもちょっと置き始めてたりしますが、できれば常備するくらい欲しいところですね・・。

 

結局実釣してみた

せっかくなので実釣してみたので追記です。#1を使いましたがこの小さいサイズでも全然掛けられます。

私、普段ストレートフックに太いPEラインを巻いて、ワームのズレ防止加工を施して使ってたりするんです。

前はオフセットフックも使ってたんですが、あまり使用しなくなった理由として、ワームが裂けてくると着水と同時にズレたりして非常にストレスだった、という理由からなんですね。

で、私が最も重視するこの「ズレ防止」についてどうだったのかというと・・・

 

かなり軽減されました!

 

さすがにアタリがあってワームが引っ張られるとズレるのですが、ちゃんとサミングしていれば着水と同時にズレるようなことはほぼ無くなりまして、ストレスがかなり軽減されています。これは非常に良い。

という事で実釣から帰ってから買い足しました(笑)

 

<追記>とりあえず6枚くらい釣ってみた

#1サイズを使って6枚ほどキビレを釣ってみました。

コイツは25cm未満のチビレサイズですが、全然掛かります。フッキング率が低下したような印象は特に無し。

さらにワームが裂けてくると、サミングしてても着水でズレたりする事がこれまであったのですが、100投程度で1回のみ。激減してます。

さらにチヌ系は口が硬めなので、硬い箇所に刺さってるとフックを外す際に曲がってしまったりするわけですが、このシルバーウルフ ワイドオフセットを家で改めて見てみると、ほぼ変形無し。これは強い。

左が新品、右が使用後です。ほぼ形状変わっておらず強いです。

なのでフックシャープナーを使って研げば結構長く使えそうな印象です。

個人的にオススメはフックシャープナーとバックラッシュが解けるコチラの商品。ベイトアングラーには必須。

ということで私、オフセットフックは全てこれに入れ替えます(笑)

売り切れそうなので購入はお早めに・・。

 

タイトルとURLをコピーしました