シマノの汎用ライトゲームロッドがリニューアル!「19ソアレBB」アジング以外にも使えるコスパ良好なロッド。

先日シマノより「19ソアレBB アジング」発表されましたが、今回はアジングのみではなく汎用的に使えるライトゲーム用ロッド「ソアレBB」の2019モデルが発表です。

出典:シマノ

定価も16,000円以下となっていて、これからライトゲームを始めたい人にも買いやすい価格帯のロッドになっていて、どのモデルも「1g以下」のジグヘッドを扱えます。

ということでスペックを見ていきましょう。

19ソアレBBのスペック

「S70SUL-S」「S76UL-S」「S76UL-T」「S80L-T」の4機種のラインナップ。

型番の「-S」とか「-T」はソリッドかチューブラーかの違いですね。

アジングやメバリングに代表されるライトゲーム。近年アジ・メバルだけにこだわることなく、多くの魚をターゲットとし、手軽さが売りであるこの釣りは更なる人気を博しています。ライトゲームの何が楽しいかと言えば、その小気味良いアタリを感じ、「掛かった!」「バレた!」と一喜一憂する事。つまりは感度が大事です。その為に上位機種で採用されているブリッジライクシートをこのBBクラスにも惜しげもなく採用。上位機種に比べて尖り過ぎないマイルドな調子セッティングでありながら、鋭い感度を実現しています。

今となっては超軽量とまではいきませんが、どのロッドも80gを切る自重となっていて、さらに「タフテックα」「タフテック」「ソフチューブトップ」というシマノの技術がこの価格帯で採用されていて、さらに上位機種に採用されていた「ブリッジライクシート」もアジングモデルに続いて搭載です。

実売が1万円程度と思うとかなり良さそうです。

個人的に気になるモデル

近所であまりアジングが出来ないので、、、私のターゲットは「メッキ」「カマス」といった小型回遊魚がターゲットになるので、気になるのはこちらのモデル。

・S80L-T

10gまでのルアー、0.8号までのPEということで、丁度先程のターゲットに最適なスペックであること、8ftのレングスで遠投が効くことが理由です。

アジをターゲットにするなら「S70SUL-S」「S76UL-S」の2機種、それ以外をターゲットにするなら「S76UL-T」という感じですかね。

「S80L-T」ならチニングにも使えそうですよ。

シマノ公式サイト

http://fishing.shimano.co.jp/product/rod/5891

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする