【宮崎県民シーバスビギナー向け】どうやら宮崎シーバスは1年中釣れる模様

1月も終わりに差し掛かりますが、昨年の2月くらいからシーバスを始めたので、ほぼ1年ほど経ったわけですけど、この1年で試したかった事は

シーバスはいつが釣れていつが釣れないのかを知る

という事だったんですけど、結果として宮崎ではですね

なんだかんだ1年中釣れる

という事が概ね分かってきました。当然ながら僕だけの釣果ではありませんけど。

本来的には12月も末頃になると産卵のために釣れなくなるっぽいんですけど、産卵後の個体が戻ってくるのが早いのか、特に釣れないという事は無さそうです。

もともと宮崎はシーバスの魚影が薄いので、おそらくシーバスアングラーの数も少ないほうではあるので、「スレた魚が少ない」という事もあるし、実際には個体が少ない時期はあるわけですけど、「全く釣れない時期」というのはほぼありませんでした。

安定して釣れるのが「河川」

最初は「港湾」で釣ってたんですけど、風が強い日など「シーバスが浮いていない」「表層を意識していない」時は釣れませんでした。

そういう意味では「港湾」では釣れない時期はあるかもしれません。

ただ、港湾を捨てて河川で釣るようになり、

・エリア10 EVO

・モアザン ミニエント 57S

・コアマン バイブレーションジグヘッド VJ-16/VJ-22

この3つがあれば「ほぼボウズ無し」という感じで釣れるようになりました。特にVJ-16/VJ-22の破壊力がヤバいです。

これらが1軍、2軍が

・サスケ SF-75

・ローリングベイト77

といったところで、他のルアーはポツポツ釣れますが、この5種類で十分に釣れます。

残念ながらデイゲームは微妙

そもそもサラリーマンなのでデイゲームはあんまり出来ないという問題がありますが、デイゲームはやはり難易度が高いです。

その代わりナイトゲームでは「アタリすら無い」なんてことはほぼありません。

簡単に釣るにはやはりナイトゲームです。

狙うは橋脚周り、際、明暗部

シーバス釣りとしてはものすごく普通の事ですが、この3つを狙えば大抵釣れます。

真っ暗なところでも釣れなくはないですが、数としては少ないですね。

レンジも大切

分かっていれば最初からボトムを狙ったりするわけですが、丁度今くらいからは「表層に反応する」という感じになってきています。

ボイルしている場合はまず「表層から狙う」という事を心がけていただき、「ボイルが無い」「表層に反応がない」という場合はボトムを狙いましょう。

ボトムを狙う、というと慣れが必要そうですが、VJ-16/VJ-22を巻いてれば釣れます。

川の流れの向きを考えて良い方を試す

こちら僕も最近まで固定観念があったんですが、よく本とかでは

「シーバスは流れに逆らって頭を向け、流れてくるベイトを食べている」

という事が書いてあると思うんですが、

そうでも無いことが多々ある気がする

というのが最近の感想です。

まあ、日によってや干潮・満潮のタイミングによって違う事もあるので、出来れば両面で試しておくと良いと思います。

最後に大切なのは「粘る事」

河川で大切なのは「粘る事」だと思っています。

港湾では居付きのシーバスが居ますが、河川はやはり潮の満ち引きによって居なくなったりしますので、「粘る」という事でフレッシュな魚が回遊してきますので、それを釣れば良いです。

当然ながら、「いつ回ってくるか」は分かりませんので、とにかく粘ること。

ランガンするほうが効率が良い時もありますが、大抵は投げ続ける事でスレるより新しい魚が来るほうが確率が高いと思います。

というわけで、1年前はシーバスなんて釣れないからやらん、と思ってたんですけど、今となっては「簡単に釣れる魚」となってきました。サイズを出すのは難しいですけど。

他の魚は「海を回遊しているので、居ない時はマジで居ない」という事がありますが、シーバスは大抵居ますので、まずルアーを投げていれば居る確率は高いです。

と、いうわけで、宮崎で釣り方がよく分からない、という人はコメント頂くか、よく大淀川に居ますのでお声がけください・・・。

まずはVJ-22を買いましょう(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする