【メンテナンス】ルアーを引いていると「シュルシュル・・」と音がする時の対策あれこれ

ルアーを引いていると「シュルシュル・・・」と音がする事があります。

先日買った18フリームスを早速使っていた時、どうもシュルシュル音が気になる。

というわけでいくつか対策を実施したところ、

音も無くなり、非常に滑らかな巻き心地に変身!

という結果になりましたので、音が気になっている人は是非チェックしてみてください。

対策1 ラインローラーへのグリスアップ

リールの最もよくあるトラブル箇所が「ラインローラー」だったりします。

PEラインを使用していると、丁度海水を含んだラインがラインローラーを経由するので、塩ガミや汚れが蓄積しやすい場所になるわけです。

今回、18フリームスは新品なのでそんな問題は無いはずなのですが、ちょっとグリスアップをしてみました。ちなみにオイルではなくグリスなので注意してください。(オイルでも問題があるかと言うと特に無いですが、すぐに飛び散るため)

こちらの青い方がグリス、赤いのがオイルです。

セットのものが少し安いですね。

これをラインローラーに吹き付けます。少しだけで良いです。

写真はフリームスではなくセオリーですが、場所は同じです。

ここに少しだけ吹き付けて、スプレーの先で転がして馴染ませ、ティッシュなどで余分に付着したグリスは拭き取りましょう。

対策2 ロッドガイドのメンテナンス

異音がするとラインローラーを疑いがちですが、少しの音や巻いた時に擦れる感じがするのは、ロッドガイドにコーティングPEラインのカスが溜まっている事がありますので、綿棒などで綺麗にします。

掃除後なので残念ながら綺麗ですが、ロッドを水でさっと洗っても溜まっている事があるので、たまに掃除するのがオススメです。

ちなみに僕は綿棒で掃除する際に、軽くコーティングを入れるために「タックルエリクサー」を使っています。

こちらは必須ではないですが、うっすらコーティングしてくれるので保護にも役立ちますね。

その3 PEラインが古い

ラインローラーでもなくガイドでもなく、単にPEラインが古くて毛羽立ちがある、という事で音がすることもあります。

その場合はちょっとカットしてみたりで軽減出来ますが、毎回カットするのもお財布に厳しいのと、カットしすぎると飛距離が落ちたり、いつの間にか足らなくなったり、、とトラブルの元になるので、PEラインもコーティングすると音が押さえられます。

有名なのが「PEにシュ!」ですが、僕はPEラインしか使いませんので、少し安いREALMETHODの「PEラインコートスプレー」を使っています。

300mlで1980円くらいですが、たまに1480円くらいになってるので、その時に買うと良いと思います。予備まで買ったんですが、なかなか無くなりません・・・(笑)

これをすると滑りが非常に良くなって、格段に長持ちするようになります。

という対策をしたら、18フリームスLTの使用感が格段にアップしました。

今回は恐らく「ラインローラーへのグリスアップ」で改善したと思います(PEラインは新品だったので)新品だったらグリスが足りてるよね、という固定観念でしたが、足りていなかったようです。

対策後に実釣してみましたが、もはや上位機種要らないのでは、、というくらい良い感じです。セルテートの出番が減りそう。

番外 8本撚りPEラインを使う

8本撚りPEラインのメリットの1つとして、「糸鳴りが減る」というメリットがあります。

8本撚りPEラインは4本撚りに比べて表面が滑らかなので、ガイドとの摩擦が軽減され、スムーズにラインが放出されるというメリットもあり、飛距離が伸びます。

まだ半年前から8本撚りPEラインを使いだした所ですが、一度使うと4本撚りのものはあまり使う気にならない・・・というくらい違います。

ラインを8本撚りにするだけでガイドと擦れて音がする、という事も減りますのでオススメです。

僕が今一番使ってるのがこのシーガー PE X8(エックスエイト)です。
2000円を切る価格で200Mというコスパ最高な感じですね。

安く売ってたらメジャークラフトの弾丸ブレイドも使う時がありますが、とにかく8本撚りにするのがオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする