ダイワの大人気シーバスロッド「ラテオ」にベイトロッドが登場!「LATEO・R ベイトモデル」

シーバス

ダイワからラテオRにベイトモデルが登場です

先日、シマノの「エクスセンス ジェノス」ベイトモデルが登場したわけですが、フラッグシップモデルの一角なのでやはり高価・・という問題があり、そうするとシマノでは安価なシリーズが「ディアルーナ」になりまして、私はディアルーナのB96MLを愛用しているわけです。

96MLながら自重が「136g」と超軽量なロッドなわけですが

 

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥25,330 (2020/11/28 16:02:29時点 Amazon調べ-詳細)

 

シマノのディアルーナシリーズの対抗馬として、ダイワのラテオシリーズがあるんですけど、これまで旧モデルにはベイトロッドがありましたが、「R」はまだベイトモデルがありませんでした。

というところに満を持してベイトモデルが登場です。

出典:ダイワ

 

ベイトシーバスというニッチ領域のファンが増えている感じがありますね・・・!

という事で「ラテオR・ベイトモデル」の特徴などをご紹介。

 

ラテオR・ベイトモデルの特徴

なんと言ってもこれでしょう。

LATEO 89MLB=120g、morethan EX AGS 88MLB=121g
※自重ではスピニングモデルと同様に、ベイトモデルもmorethan EXPERT AGSを凌駕!

 

ダイワの「モアザン エキスパートAGS」を凌駕する軽量ロッド!(と言っても微妙にレングス違うけど)

 

ベイトモデルは割と重いロッドが多かったわけですが、先のディアルーナといい、かなり軽量化が進んでいます。

 

■morethanに迫る軽さのHVFナノプラス製ブランク
■X45が生む、シャープなキャストフィール
■軽量・高感度のエアセンサースリムシート(金色の名盤付き)
■高級感の漂う凸型の「LATEO」ネーム採用
■港湾、河川、沖堤防と隙間のない充実したラインナップ

 

という紹介文なんですが、ラインナップとしては港湾やバチ抜けシーズンで使える86LB、バランスの良い89MLB、大遠投や大場所で使う93MB、ビッグベイトを使う釣りに70HB、といったラインナップです。

レイジーや旧ラテオだと1〜2機種づつのラインナップだったので、最初から4機種ラインナップされるのは、このニッチなジャンルとしては充実してますね。

 

出典:ダイワ

 

私個人的には「96〜97」レングスが欲しいところなんですが(足場の高いところで釣る事が多いので)、まあこの中では93MBが私には合うかも。

Mクラスですが自重138g、とかなり軽量です。競合となるディアルーナのB96Mはレングスが少し長いものの148gということで、ほぼ互角〜若干ラテオが軽量、というような感じですね。

(ちなみにラテオのスピニングはさらに軽くて96MLでも129gです)

 

そして私が次に気にするのが「ガイド経」なのですが、93MB、89MLBはPE2号まで使えるので必要十分くらいかな、と思います。

2.5号くらいまでいけるとトラブルも少なくて良いんですけどね。

 

 

発売は2020/9

既に予約できるショップもあり。

 

私一押しの93MB。

汎用性の高い89MLB

このあたりがオススメですね。

初心者から上級者まで使えるラテオ、検討してみてもいいのではないでしょうか。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました