シーバスのマイクロベイトパターンと・・「チヌ」に効くらしい「スウィングウォブラー 85S」を買ったのでインプレ

宮崎では、ここ数ヶ月はシーバスがボトム付近に居ることが多く、専らVJ-16/22で釣ることが多かったんですが、最近は稀にコモモでも釣れるようになってきているのと、ボイルが出てきたので、少しづつ表層を意識するようになってきているのでは、と思う今日このごろです。

まあ今週はずっと福岡出張なんですけどね!

という前置きはさておき、そのうち始まるマイクロベイトパターンのシーバスや、その後に来るであろうチヌのトップゲーム用に、ポジドライブガレージの「スウィングウォブラー 85S」を買ってみました。

どうやらチヌにもの凄く効くらしい

この時期なので試せてはいないのですが、開発者のRED中村さんがどこかの動画で言ってたんですけど、

「発売後しばらくして九州で火が付いて、理由を聞いたらチヌのトップゲームに使うらしい」

という事でした。

僕個人はあまりトップウォーターを投げる事は無いんですが、昨年しばらくやってみた時期がありまして(主にチヌを狙ってた)

・ダツ

・メッキ

という微妙な釣果でしたが、今年もシーズンが来たらやろうかと思っていた所、この「スウィングウォブラー 85S」の噂を聞き、さらに今年はもうちょっとチヌを狙ってみようかなと、と思っていた所だったので、買ってみたという経緯です。

確かに近所の釣具のポイントにも沢山置いてあるので、なかなか九州では人気がありそうです。

飛距離はよく出るルアー

買ってから一応使用感を確かめるために10投ほどしてみたのですが、

12gという重量なので、なかなか飛距離は出ます!

でした。昨年はライザーベイト008のようなさらにぶっ飛ぶルアーが出てしまったので、飛距離だけで比べると当然ながらライザーベイトのほうが出ますが(重量も22gくらいあるんで)この重量(12g)を考えるとなかなか飛距離が出るルアーです。

巻いた感じも良好

バチ抜け時はもはや棒のようなルアーが釣れたりするんで、バチ抜け用としてはちょっとアピールが強すぎる感じではあります。

のでバチ抜け用に使うより、マイクロベイトパターンで使用するのが良さそうです。

動画を見るとよくわかりますが、シンキングタイプのルアーなのですけど、タダ巻きでもよく泳ぐルアーです。浮き上がりも早いので、トップゲームでも使えるようになってますね。

というわけで僕のようにシーバス&チヌを狙うという人も多いと思いますので、両方に効くと噂のルアーなので、もしかするとそのエリアにぴったりハマるルアーかもしれませんよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする