前回ノーマルギアについて書いて、早速20ルビアス LT2000Sを買うの巻(ファーストインプレ)

ダイワ

ノーマルギアのリールを見直し中でして、ここは奮発の20ルビアス購入

前回ハイギア派の私の中で最近ノーマルギアの利点を見直し中なわけなんですけど(前回記事)その結果ですね

 

買ってやったぜ20ルビアス LT2000S

 

先日レガリス買ったところですよね?という疑問はさておきで、あれは「ノーマルギアの使い勝手を確かめるためのお試し」だったのです。

で、検討したのが18カルディアなのか20ヴァンフォードを待つか、だったんですけど、ここは敢えて20ルビアスに。

 

というわけで開封したのがこちら。

 

最近コスト削減で付属していない「リール袋」がルビアスはちゃんと付いてます。

過去のリールはペラペラの袋だったんですが、今回はもう少し厚手の生地のものになっています。

 

 

で、20ルビアス登場時は「Made In Japan」だったわけですが、今は組み立てが中国になっているので「Made In China」です。

 

 

まあ私別にそこに拘りは無いと言いますか・・ちゃんとしてれば別にどこ製でもいいやと思うわけです。

最近はそこまで遜色無いんじゃないですかね。

 

という事で私の手持ちリールである「19ヴァンキッシュ C2000SHG」との比較

まあお値段が1.5万円くらい違うものを比べるのも・・という所はあるんですが、私19ヴァンキッシュを所有しておりまして、番手は「C2000SHG」なので大きさはちょうど同じくらいなわけです。

 

ヴァンキッシュはシマノのクイックレスポンスシリーズのフラッグシップモデルなわけですが(ダイワは近いもので言うとイグジスト)、もろもろバッティングするリールなのでいくつか感じた事をお伝えしていきます。

 

1.巻き出しの軽さは圧倒的にヴァンキッシュである

これはグリスが馴染むまで単純な比較も難しい所なのですが(実際買った直後はヴァンキッシュもそこまで巻き出しは軽くなかった)、1年ほど使っていると、とにかく驚異的な巻き出しの軽さです。

これはしばらくしてからまた比較したいと思いますが、とにかくヴァンキッシュ凄い、という感じですね。ハイギアなのに。

 

2.軽さもヴァンキッシュ、なんですけど

持った感じ、「軽さ」を感じるのは19ヴァンキッシュのほうです。カタログスペック上は「5g」程度の差なんですが、全体の質感などから来るものなのか、リールのバランスなのかは分かりませんが、「持った感じで軽いと感じるのはヴァンキッシュ」と、思います。

じゃあヴァンキッシュのほうが圧倒的に良いんですか、というとこれは賛否両論ある部分でして、

 

剛性感は圧倒的に20ルビアス

 

なんですよ。ヴァンキッシュは樹脂感を多く感じるのですが、ルビアスは質感として「金属である」という感じがあります。実際はZAIONなので完全な金属ではないわけですが、モノコックボディとZAIONという組み合わせからか、剛性が高い感じは圧倒的にルビアスです。

 

 

3.巻き心地は良し悪し個人差ある感じ

買ったばかりのものと比較するのも・・という所はあるんですが、「巻き心地」についてはヴァンキッシュが好き、ルビアスが好き、と分かれると思います。どちらもかなり良いんですが、とにかく巻き出しが軽く、それでいて巻き感も良いのがヴァンキッシュ、滑らかでパワーを感じるのはルビアス、という感じです。

なのでどっちが好き、というのは人によって分かれるのではないかなと思いますね。私はどっちもアリというどっちつかずの人ですが。

 

4.お値段は圧倒的にルビアスが安い

かなりお得にヴァンキッシュを買ったとしても、実際は1万円以上の差がつきます。普段なら1.5万くらいは差があるのではないかなと思います。

で、どっちがオススメなのかと問われると・・・

 

・シマノ熱狂的信者である → ヴァンキッシュ買いましょう

・こだわりなし → ルビアス買いましょう

 

で、良いんじゃないかと思います。例えばシマノリールの「ベールを返した際のカチッと感が好き」とか「巻き出しの軽さの拘り」がある場合は後悔しないようにヴァンキッシュ買ったほうが良いです。

まあ私はどっちも使うと思うんですが、主には以下使い分けですね。

 

・メタルジグ → ヴァンキッシュ

・トップウォータープラグ、マイクロワインド → ルビアス

 

「分ける」と言ってもどっち使っても出来なくは無いんで、その日メインで使うと決めているルアーによって変える、という感じですね。

春先のハクパターンのシーバス狙いの時、どうせたいしたサイズは出ないのでアジングロッドでやることがあるんですが、来年からは剛性の高いルビアスでやろうかな、と思っています。

 

とりあえず2000番という番手で考えると、かなりヴァンキッシュと競っている、場合によっては勝っている、というくらいの感じはあると思います。

 

そしてルビアスはスプールが安い

20ルビアス純正ではなく、SLPのスプールだと5000円ちょい、という破格のお値段なんです。

 

 

純正だと1万円以上しますが、このスプールがあるのは安くて良いポイントですね。

 

 

ということでファーストインプレまとめ

実釣も実は1〜2時間ほどしてみたのですが、フッキングには至らずパワーまでは分かりませんでした。

という事でルビアスをオススメする人としては

 

・アジングでたまに掛かるシーバスにも対応したい → 剛性の高いルビアス

・コスパ重視 → ルビアス

 

という感じで、宗教を入れるとですね

 

・ベールの返した感じが絶対シマノ → ヴァンキッシュかヴァンフォード待ちましょう

・シマノ信者 → ヴァンキッシュで

 

と、確実にヴァンキッシュやヴァンフォード待ったほうがいいですね。

私もスピニングは最近シマノのほうが好きなんですが、ルビアスはかなり良い感じのリールです。

 

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥26,589 (2020/10/23 11:26:48時点 Amazon調べ-詳細)

 

ライトゲームや管釣りなどで、剛性の高いリールが必要という方はルビアス、いいですよ。

 

後日談:いきなり初期不良発覚

空回しでは分からなかったのですが・・・負荷を掛けるとゴリ感があるということで早速修理に。

20ルビアスFC LT2000S、初期不良からメンテに出して速攻戻るの一部始終

 

タイトルとURLをコピーしました