フグの多いエリアでのマイクロワインドに!耐久性の高いワーム「AquaWave Spark40(スパーク40)」がとても良い。インプレ。

フグの多いエリアでのマイクロワインドに!耐久性の高いワーム「AquaWave Spark40(スパーク40)」がとても良い。インプレ。

 

決して新製品というわけではなく、かなり前から販売している製品ではあるのですが、とにかく私がよく行く場所がですね

 

クサフグの大量発生地帯

 

なんですよ。

クサフグも意外とストラクチャーを好むので、シーバスが潜んでいそうな橋脚周りに必ずと言ってよいレベルで居るわけです。

 

ひどい時は1投でアルカリシャッドをボロボロにされ、さらに最近あまり売っていないD.D.8もボロボロにする憎い奴なのです。

 

正直クサフグ対策として最も効果的なのが「居ない所へ移動する」という事、つまりマジな対策は無いわけですけど、ワームを耐久性の高い素材のものに変えることで、それなりに耐えられるわけです。

 

という事で、前置きが長くなりましたが「耐久性に定評のあるマイクロワインド用ワーム」と言えば、「Spark40(スパーク40)」という事らしいので、早速買って試してみました。

 

というわけで「Spark40(スパーク40)」使ってみた

耐久性の高いワーム、というものを他にも使った事があるんですが、とにかく「固い」という印象があります。

当然ながら固いので耐久性が高く千切れにくいわけですが、私のメインターゲットである「メッキ」は口が小さく、出来れば違和感なく折れ曲がってくれるワームが良いわけです。

なのでD.D.8のような素材の物が優れてるんですが、D.D.8は掛けるとちょいちょい千切れてしまう事、フグに弱いという弱点があります。

 

で、Spark40はどうなのかというと・・「多少固いけれど、思ったほどでもない」という印象です。

 

(毎度ながらちょっと使ったパッケージの写真を撮るという・・)

 

このくらいなら許容範囲かな、という事で実際に使ってみると

 

 

これ思いっきり上顎フッキングなんですけど、違和感なくメッキが食ってきています。

 

という事で固さについては合格点。

 

で、実際に使っていても、メッキではまず千切られる事もなく、フグからはほぼ攻撃を受けず、という事で「かなり使える」ワームであることが分かりました。

 

 

でも若干問題点あり

使っていて「?」と思うことが出てきました。

私、ワームを刺すのが得意ではないので、あまりワームキーパーのあるジグヘッドを使わない(刺し直し時にボロボロになるからです)んです。

 

なので使ってるのが尺ヘッドのダートタイプ。

 

尺ヘッドはワームキーパーがありません。

メッキを狙ったマイクロワインドをしていると、「メッキに引っ張られてワームがずれる」という事が頻繁にあります。

なので最初はメッキのせいかな・・・?と思っていたんですが、どうやら素材の特性上、Spark40はワームがズレやすいという問題があるようです。

 

毎投ズレを直していると正直釣りにならん・・という点が問題でした。

 

なのでこのワームを使う時は

 

1.専用ジグヘッドを使う

 

2.ワームキーパーのあるジグヘッドを使う

 

3.接着剤で止める

 

4.ワーム付属のキーパーで固定する

 

というような対策が必要そうです。

私は「3」の接着剤で止める、という方法はよくやるので、今回もこの対応で使っていこうと思っています。

4にありますように、とても親切に固定するキーパーが付属してますが、接着剤のほうが個人的には楽なのでオススメです。

 

総合的には非常にオススメ

とにかく「強い」というのが一番の売りであり、それでいて固すぎず、という絶妙な感じです。釣果には全然支障ありません。

 

最近あまり売ってるのを見かけない&太刀魚サイズしか見かけないので、私はネットで買ってるわけですが、フグの多いエリアで悩んでいる方には非常にオススメです。

耐久性が高いと、すぐに交換する必要もないので結果的にお財布に優しい、というのも良いですね。