DUELのシーバス用シャッドプラグ「ハードコア ベイシャッド 80S」のインプレ

発売から数年経っているのですけど、DUELのシャッドプラグ「ハードコア ベイシャッド80S」を購入したのでインプレです。

コチラはベイトタックルで際を撃っていく用として購入。

購入したカラーは「イワシ」です。

主にデイゲームでの使用を想定してまして、フラッシングで寄せるため、ギラギラしてるカラーをチョイス。

ティンセル付きフックが標準装備。

真正面から見るとこんな感じ。リップがかなり大きいですね。

ハードコア ベイシャッド 80Sの特徴

圧倒的な飛距離のニューマグネット重心移動システム。
障害物への衝突から守るソリッドエンド。
左右にローリングしながら前進フォールで誘うヒラキラフラッシュ。
フッキング率・大幅アップのティンセルフック。

<Tips>
ベイエリア(港湾部)での釣りに特化させた湾岸シーバス専用ルアー。
橋脚や船の係留所などの目視できるマンメイドストラクチャーを狙う釣りが得意分野。

出典:DUEL

スペックはこんな感じです。

全長:80mm

重量:11.5g

フック:#6

リング:#3

際を撃っていく際には10g以上のルアーが使いやすいと思ってまして、11.5gであれば丁度よいサイズ感です。フックも#6なので、まあフッコサイズくらいなら余裕かなという感じです。

このベイシャッドを選んだ大きな理由・・・それは「頑丈」であることです。

際を撃っていくと、まあ失投で岩にぶつけるなんてことがあるわけですけど、「頑丈なルアーである」というのは結構重要だったりするのです。

かといってメタルバイブなどを投げると、私が通っている場所ではシャローすぎて根掛かる、動きが早すぎる、という問題があり、どうしてもプラグで攻める必要がありまして、「頑丈なプラグ」というのは大事な要素なのです。

投げてみた

自重が11.5g、ということでそこそこありますので、普通に飛びます。

ベイトタックルで投げた、というのもありますが飛行姿勢もそんなに気にならない(悪くない)という印象です。

着水後すぐ巻き始めると、大体60cm〜くらい潜ってるかな、というような印象です。

一応、沈めてから巻き始めれば120〜200cmまで潜るそうですが、私が行く場所ではそんなに水深が無いので、潮位にさえ気をつければ丁度よいくらいの深度を進んでくれますね。

巻き抵抗も思ったよりはキツく無い感じです。

タイトスラロームやX-80よりも抵抗はありませんね。

ティンセルがふわっとした動きを演出してくれるので、ピタッと止めた後にふわっと余韻が残る、というような動きです。

というのを確かめに投げていたら、

いきなりヒット(笑)

油断してたのでバラしましたが・・・。

という事で、なかなかアピール力のある感じが実証されました。

ちなみにお値段も1000円ちょい、というくらいで買える事もありますので、なかなか良心的な価格です。

ボートシーバスなんかにも使いやすいと思いますね。

公式動画

ハードコア ベイシャッドでの釣果

デイゲームのストラクチャー撃ちでよく釣れますね。

ティンセルを外したらどうなるんだろう?というのが気になるところです。

他にも釣れてるんですが、あまりにもサイズが小さいので写真なし(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする