ダイワの超軽量「165g」なのに激安スピニングリール「19MR 750」が公式サイトに登場!

ダイワから「超軽量165g」のスピニングリール「19 MR 750」が発表です。

出典:ダイワ

このブラックを基調とした超軽量スピニングリールですが、、、

定価5,500円

という激安なリールなのです。実売じゃなく定価ですよ。

出典:ダイワ

ブラックを基調に、エメラルダスのようなカラーが差し色に入っていて、定価5,500円のリールとは思えない感じですね。

既に発売済みの穴釣りセット的な「MC750M」のリールだけがバラ売りされるのかなと思っていたんですが

出典:ダイワ

こちらのMC750Mに付属するリールは自重が「175g」ということで10g重く、どうやら別物のようです。

19MR 750のスペック

スペックはこんな感じ。

特にハイギア・ノーマルギアといった種類や番手の違いはなく1機種のリリースで、いわゆるノーマルギアに近いギア比となっています。

やはり特徴は何と言っても「自重の軽さ」となっていて、18カルディアの2000番より5g軽く、バリスティックの2000番よりちょっと重い、という超軽量リールです。

ただし公式サイトに「ダイワテクノロジー」的なものは一切書いてありません。

マグシールド、は無理としても、エアベール、ツイストバスター、ロングキャストABS、、といったダイワの売りである機能については「無し」というくらいの割り切り方ですね。

まあ5,500円ですからね

という一言で済んでしまうんで別に良いんですが、個人的には8,000円くらいにして何かを付けて欲しかったかなー、という印象。

とはいえ、とにかく激安リールなので、見た目とは違っておもちゃ感があったりするとは思うんですけども、「まあ安いし」という事で、本当に軽量リールが必要かどうか悩んでいる人には良いかもですね。

あとはハゼ釣りとか穴釣りメインの人には十分かなと思います。

対抗馬

ピシファンしかないですよね・・・。

ピシファン(Piscifun)スピニングリール CarbonX 超軽量165g

このCarbonXの1000番が丁度165gなので自重はほぼ同じ。

やたらレビューが良いのが逆に気になりますが(最近のAmazonレビューはあまり参考にならない事もあり)対抗馬としてはこれかなと。

ただ「ダイワ」の名を冠している以上、ちゃんとサポートがあるのは「19MR 750」だと思いますので、修理したり大切に使う方は「19MR 750」のほうが良さそうですよ。

CarbonXの人柱になろうと思いましたが、ヴァンキッシュ買ったのでもはやネタでしかないので躊躇しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする