秋のランカーシーバス用新ウェイクベイトがダイワから。「モアザン モンスターウエイク ブル120F」

ダイワから既に発売されている「モアザン モンスターウエイク」に、新しいサイズが登場です。いや「クロスウェイク」に新しいサイズと言ったほうが良いんでしょうか。

よく分からんのでモンスターウェイクの派生と言っておきます。

出典:ダイワ

既に発売済みの「モンスターウェイク」「156mm、40g」というモンスターサイズだったんですけれども、この「モンスターウェイク ブル 120F」「120mm、30g」ということで、MLクラスのシーバスロッドでも何とか投げられるウェイトになっています。

モンスターウェイク ブル 120Fの特徴

モンスターウェイク156Fと比べて、「ブル」は何が違うのかというところですが、最大の特徴は以下のようです。

大音量ラトルサウンド
「モンスターウエイク156F」では、156mmの大型ボディから発する甘いラトルサウンドで存在感をアピールしたが、「モンスターウエイクブル120F」ではラトル音を最大まで大きくすることにより、強烈な引き波との相乗効果で、ベイトの大群の中でもモンスターシーバスに存在を猛烈にアピール可能。

モンスターウェイクを持ってないので「甘いサウンド」って何だよ・・という気もしますが、とにかく「大音量のラトルサウンドを発する事が出来る」というのが特徴のようです。

結構秋になると「ベイトの大群」という状況は多くありまして、どうやら大型のシーバスが追っている状況が目の前で起きたりするんですが、こういうシチュエーションで今の所あまり効果的なパターンを私が見いだせていないのが現状だったりします。

通常では「あまりラトル音の大きいもの」というのは「返って逃げるんじゃないの・・」という事で使わないんですけど、秋に起きるこういう状況では効果的なのかもしれません。

モンスターウェイク 156Fはデカすぎという方に良さげ

今回120mmサイズ、30gという事で、一般的なシーバスロッドであれば扱えるウェイトになっています。

クロスウェイクで食わない、ベイトが大量、といった「いつもと違う場合」なんかで有効なルアーではないかなと思いますね。

カラーのオススメはやはり「チャートバックパール」ではないですかね。

10月発売のようなので、もうすぐ発売みたいですよ。

ちなみにクロスウェイクってサイズ多すぎ

120Fって元々クロスウェイクに無かったっけ?と思ったんですが、現行のサイズがですね

・75F-SSR

・90F-SSR

・90S

・111F-SSR

・111S

・140F-SSR

多すぎる・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする