ライトゲームの最終兵器「マイクロサイズのジグサビキ」をいくつか紹介

釣り人には「どうしても釣らなければならない時」があります。

・お土産を期待されている釣行

・あまりにも釣れずにストレスMAXな時

・天候が悪くて全然釣行に行けなかった時

・etc

ただそんな時でも自然というのは残酷で「潮回りが悪く全然反応がない」「回遊魚が居ない」といった事も当然ながらあります。

そんな時の釣り人の最後の抵抗として残された道具、それが「ジグサビキ」ではないでしょうか。

という、えらく大袈裟な前置きでしたが、「ジグサビキで釣るのもなぁ」と思いつつもタックルボックスに忍ばせている人が大半ではないかと思うのですけど、ライトゲーム用にもちゃんとジグサビキはあるので、いくつかご紹介です。

OWNER ウルトラライトジグサビキ

OWNERから発売されている「ウルトラライトジグサビキ」です。

幹糸が8lb(2号)、適合ジグが3〜14gなので、丁度ライトゲームの最終兵器的なスペックですね。お値段も定価が350円とお安いです。

メジャークラフト ジグパラ マイクロ ショアジギサビキ

メジャークラフトからつい先日発売された、「ジグパラ マイクロ ショアジギサビキ」もライトゲーム用として最適。

こちら、「ジグパラ マイクロ」がセットになった物もあるので、ジグを別途買わなくても良いセットがあります。

ジグパラ自体が500円ちょいするので、セットだと格安ですね。

個人的には、このメジャークラフトのジグサビキが「針の部分のフィルムが良い」という点が気に入ってます。サバ皮などがよく使われますが、「光によってキラキラとフラッシングする」もののほうが集魚効果が高いと思っています。

ささめ針 特選堤防ライトゲームジグサビキ

最もライトな感じのジグサビキです。対応ジグが3〜7gとマイクロサイズですね。

全長も35cmとかなり短くなっていて、短いロッドでも扱えるのがポイントです。

ハヤブサ メバリング・アジングサビキ

ハヤブサの「メバリング・アジングサビキ」という小物用ジグサビキ。

実はこの仕掛で「82cmのサワラ」を釣るというミラクルを起こしたことがあります(笑)

(掛かりどころが良かっただけですが)

番外:普通のアジ用サビキでは釣れないのか?

実際、一番格安なのが「アジ用のサビキ仕掛け」になります。

普通のサビキ仕掛けでは釣れないの?という点ですが

普通に釣れます

もっとも、いくつか問題がありまして

・仕掛けが長すぎる(紹介したジグサビキは50cm程度になっている)

・針が多すぎる(トラブルの元になる)

・専用では無いので絡みやすい

という点がありますが、カットして使う等の工夫で普通に使えます。

少し太いラインを使っているサビキ仕掛けなら全然使えますね。

ただ先の通りちょっとトラブルは起きやすいので、初心者の方は市販のジグサビキを使ったほうが使いやすいと思いますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする