増税前の散財。ライトゲーム最高峰スピニング「19ヴァンキッシュ C2000SHG」のインプレその1

もうすぐ増税です。なので早く高額なモノ買わないとね。

とかいう事がダメな発想というのは重々承知しておるわけですが、気づいたら

こうなるんですよね。いや増税って怖いですよね。

買ったのは「19ヴァンキッシュ C2000SHG」です。

全体的にブラックの落ち着いたデザインですが、高級感という意味ではそんなにありませんね。

ラインクリップが過去のシマノリールに戻りまして、ストラディックCI4+の止めにくかったものから改善されているのが良い点です。

ドラグノブは大口径のものが採用されているのは最近のシマノ/ダイワのリールで共通な部分ですね。

というわけでまだ実釣はしていませんが、ところどころ前から持っている「ストラディックCi4+ C2000HGS」と比較しつつインプレです。

19ヴァンキッシュ C2000SHGのおさらい

自重・・・ 145g

ハンドル長・・・45mm

実用/最大ドラグ・・・2kg/3kg

最大巻上長・・・82cm

といったスペックで、ハイギアモデルになります。

主な搭載技術としては、ステラと共通の部分が多いですが

・ロングストロークスプール

・マイクロモジュールギア2

・サイレントドライブ

と言った所が大きなポイントではないかなと。

特にこの中で「ロングストロークスプール」は実際に効果がステラで実感出来たので、期待しているポイントです。19ストラディックにも採用されたので、そんなに特別な物でもなくなりましたが・・。

空回ししてみた

とりあえず実釣に行く時間がないので空回ししてみましたが、今回も新品のシマノリールにありがちな点として

巻きがめちゃ重

です。シマノリールって最初はグリスが馴染むまでメチャクチャ巻きが重いんですよ。特にハイギアモデルは顕著です。

これは実釣することで徐々に解消される部分で、18ステラを最初に巻いた時も同じ感想でしたが、使い込むに従って解消されるポイントなので、今時点ではそこまで気にする点ではないです。

ストラディックCi4+と持ち比べてみた

ストラディックCi4+ C2000HGSが160g19ヴァンキッシュ C2000SHGが145gと、15gの差があるわけです。15gのメタルジグとかを持ってみると分かりますが、案外重く感じるものですよね。

なので両手でそれぞれ持ってみたんです。軽さが実感できるはずだったんですけどね。

正直、分からんレベルです

あっ、もしかすると「やっちゃった?とんでもない散財した?」という事が脳裏を過りましたが、気にしないことにします。

ストラディックCI4+って優秀なんですね。

巻き感をストラディックCi4+と比べてみた

これは圧倒的に「19ヴァンキッシュ」の勝ちと言っても過言ではありません。

比べるのもおこがましいわレベルですね。

但し、いわゆるヴァンキッシュは「クイックレスポンスシリーズ」のリールなんですが、巻き心地はステラに代表される「コアソリッドシリーズ」のほうが良いわけなんです。

巻き出しが軽いのがコアソリッドシリーズ、巻き感が良いのがコアソリッドシリーズ、みたいなざっくり理解で良いと思うんですけど、正直そういう意味では「そんなに極端に巻き心地が良いわけではない」というのが正直な感想です。

あっ、もしかして、やっちゃった?

という言葉が2回目の脳裏を駆け巡りましたが、気にしないことにします。

なので、リールを巻きながら酒が飲めるレベルなのはステラです。

そういう人はステラを買いましょう。

ただ、巻き心地がそんなに悪いかというとそういうわけではありません。「そこそこのお値段がする割には普通」という感想です。

ちょっと否定的なインプレになりましたが

まだ実釣していないので、ちょっと否定的な部分が多いインプレになりましたが、実釣で印象が変わるのはよくある事なので、次回のインプレは実釣編になるんですけど

3連休雨じゃねーか

ということで、いつになるかはまだ未定です。

実釣で期待しているのが、私はライトゲーム用に買ったため

・軽量化による疲労の軽減

・トゥイッチ、ワンピッチジャークのやりやすさ

このあたりを今は期待しているところですね。まあ正直申し上げると、トゥイッチやワンピッチジャークといった、メタルジグやミノーを投げる釣りをするとですね

巻き心地がどうのってあんまり関係ないというか分からない

というのが正直な所なので、今回の結論としては

増税って怖いですね

というところかと思います。それではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする