今まで気づかなかったけど釣れるルアー、YO-ZURI「エバシャッド」のインプレ。ライトゲーム用にオススメ。

宮崎ではメッキの事を「エバ」と呼びます。

形の似ている粘液ダラダラなヒイラギは「ハナタレエバ」とか「ハナタレ」と呼びます。

という「エバ」から名前が来ている、メッキやカマスといった小型魚を釣るルアーがYO-ZURIの「エバシャッド」です。

そんなに新しいルアーでもなく、たぶん5年以上前からあるのだと思うんですけど、ふと思い立って買ってみたんですよね。

で、これが意外と大当たり。

元々自重が「4.3g」という軽さのため飛距離が出ないので敬遠してたんですが、これ、

釣れますね

という事で改めてエバシャッドをご紹介です。

エバシャッドの特徴

いわゆる「シャッド」系のルアーになるのでボディが空気抵抗を受けやすいため、飛距離はあまり出ず、少し深めのレンジ(Max 1.0M)を攻める、トゥイッチなどのアクションで魅せるためのルアーです。

実際に4.3gしかありませんので、まあ飛びません。飛距離は期待してはいけません。

このルアーは岸壁沿いやストラクチャーを攻めるのが効果的です。

防波堤の際を攻めていると、メッキやカマス以外に、クロホシフエダイなど色んな魚が掛かります。

記念すべき1匹目がコイツでした。

エバシャッドのスペック

・全長: 50mm

・自重: 4.3g

・レンジ: Max 1.0M

・フック: #10

・タイプ: Slow Shinking

という感じです。スローシンキングなので、沈めて使う・・という用途にもあまり向きませんね。(イライラして待ってられないので)

4.3gなので投げられなくはないですが、シーバスロッドだとLクラスで投げるモノで、Mとかだと投げてる感が全然分からないと思います。

なので私はライトゲーム用ロッドで使っています。

そして最大のメリットと言うべき点・・・「安い」

たぶん普通の釣具屋さんで700円くらいじゃないでしょうか。DUEL/YO-ZURIのルアーはとにかく「カラーが綺麗なんですけど安価」というところが気に入っていて、価格は安いのに塗装もかなり綺麗です。

カラーラインナップ

割と豊富な10色展開ですが、どれもフラッシングさせられるカラーなのが良いですね。

次は「ホログラムゴールドレッド」あたりがちょっと欲しいところ。

ライトシーバスゲームにも使える

ちょっと最近気づいたパターンがありまして、この「エバシャッド」を使って夕マズメ終盤くらいの20分前後、というとにかく短い時間ですが、「やたらシーバスが掛かる」んですよ。

マジで20分くらいしかチャンスが無いのが厳しいんですけど(笑)

釣り方は単純に

シーバスの通りそうな所にキャストしてトゥイッチ入れながら巻くだけ

という釣り方です。どうせ沈まないので、巻いて少しレンジを入れてトゥイッチです。

それで先日掛けたのがコイツ。

翌日もやってみたら、全く同じタイミング、同じ釣り方で掛かりました(バラしたけど)

たった2回で・・という所は勿論あるんですけど、あまりにもピンポイントで同じ時間に掛かったんで、再現性はありそうです。

ちなみに河川ではまだ使ったことは無く、こちらは港湾エリアでの釣果ですね。

というわけで軽いルアーに抵抗無ければエバシャッドはオススメ

「何が何でも飛距離」という方には向きませんが、ストラクチャー狙ったりする人には使いやすいルアーだと思います。

そして最悪ロストしても「安い」というので許せますこれは。

春先のマイクロベイトパターンにも良さそうですよ。

チヌにも強いそうです。お試しあれ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする