結局買っちゃった。シーバス用ソリッドティップの激安ロッド「メジャークラフト 三代目クロステージ CRX-862ST」

シーバス

 

モアザン買うより何倍かお財布には優しいよね!と自分に言い聞かせ、結局買ってしまったのがこのロッド。

メジャークラフト 三代目クロステージ CRX-862ST

※まだ届いてません

釣り人たるもの「一匹でも多くの魚を獲りたい」ということで数万円ルアーに使ったから後には引けないより多くのシーバスを獲る事を目標に購入です。

 

そもそもソリッドティップのメリットとは

シーバスフィッシングにおけるソリッドティップのメリット、それはショートバイトを掛ける事、以上終了なんですけど、シーバスという魚はその時食べているベイトによって、捕食が異なると言われています。

バチ抜けシーズンで使うのがこのソリッドティップのロッドなのですが、バチは泳ぎが早く無いわけで、シーバスからすると「軽く吸い込めば食べられる」という安直なエサなわけです。

そういう時に多くショートバイトが発生し、ルアーを弾いてしまったりする事が多く発生し、そのシーバスを掛けるために「ソリッドティップのシーバスロッド」が存在します。

他にもメリットはあり、「穂先が柔らかいのでバレにくい」というのが次に大きなメリットではないでしょうか。

ワームなどの軽いルアーを引いても感度が良く、アタリが分かりやすいというメリットもあります。

しかしデメリットがありまして

メリット部分だけ読むと全員がソリッドティップのロッド使うじゃん、っていう話なんですがデメリットもいろいろありまして

1.穂先が柔らかいため、フッキングが甘くなる

先程「バレにくい」と書いた事と相反しますが、穂先がグッと入るということは、相当フックに気をつけないと刺さらない事が発生します。ということは、バレます(笑)

という問題があり、「いつでもフックを尖った状態にしておくこと」が重要になります。

フックシャープナーを使うのも良いですね。

 

魚を掛けると、魚の脂が付着してどうしても刺さりが悪くなるので、研ぐか早めにフックを交換することが重要になります。

 

2.バイブレーションなどの重いルアーのアクションが悪くなる

重いルアーを引くと、穂先がグッと入り込んでしまうので、思った動きが出ません。

結果、「釣り場に何本もロッドを持ち込む必要がある」ということになります。

僕はめんどくさがりなので、「基本的に1本しか持っていかない」タイプの人なので、その日はバイブレーションを持っていかない、なんてことをして釣り場で後悔します。

僕は釣り場が近いので良いんですけど、遠い場合は何本も持ち運びが必要になり、面倒ですよね。

というようにルアーに制限がかかるので、「メインのロッドになりづらい」というのがソリッドティップのシーバスロッドではないかと思うのです。

 

メインじゃないから、格安で

という事でたどり着いたのが、今回のメジャークラフト「三代目クロステージ CRX-862ST」というわけなのです。

実売が1万円ほど、ソリッドティップ、KガイドにAリングというセッティングですが、そもそも僕はシーバスフィッシングにおいてあまり遠投せず、明暗を狙うという釣り方をするので、この8ft 6inchというレングスが丁度良かったりします。

大潮の満潮になると足場から水面まで1〜1.5メートルくらいになりますが、低い時は2.5〜3メートルくらいになり、背後から街灯で照らされるので、すぐそこに明暗が出来るというポイントでやっていますので、「横に20Mほどキャストする」ということで事足りるのです。

 

初めてシーバスロッドを買う対象としては不向きですが、バチ抜け用、ショートバイトが多い時用のサブロッドとして、という使い方や、大河川でのチニング、尺メバル狙い、尺アジ狙いという時にも「ソリッドティップ」のロッドは活躍すると思いますので、サブロッドとして持っておくのは全然アリな価格のロッドではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました