今度はサイズダウン。シマノのシーバス用トップウォータープラグ「エクスセンス ガラスライド 95F」が登場!

シマノからまた新しいルアーが発売。

普段であれば秋のシーズンに向けて「サイズアップ」版が出るのが通例ですが、今回はサイズダウン版が登場です。

出典:シマノ

これまでは「110F」というサイズだったのですが、正直ですね

デカい

と思ってたんですよ。よくセイゴが自分と変わらないサイズのルアーにアタック・・・なんていうお話を聞きますが、それって稀な話で普段は「より食べごろサイズ」のルアーへのアタックのほうが多いと思うのです。

なのでこのサイズダウンは歓迎、という人も多いのではないでしょうか。

エクスセンス ガラスライド 95Fの特徴

公式に一切説明がまだ載ってないので、110Fの説明を引用。

シーバスのトップウォーターゲームで必須となる、ドッグウォークで発生する水押しの強さを高めるべく、ボディを太めに設計。ボディが水中にわずかに沈み込む比重を目指しました。また、さらに高いアピール力の実現を狙い、スライド幅も広めに調整。ガラスノッカーの大音量サウンドと組み合わさることで、360度全方位に向けてガラスライドの存在を気付かせるハイアピールペンシルベイトに仕上がりました。

110Fはかなりスライド幅の大きいドッグウォークを演出出来るルアーでした。

動画を見てもらったほうが早いですね。

という大きな振り幅と、特徴が「ガラスノッカー」と呼ばれる機構。

新開発「ガラスノッカー」とは?!

通常のラトル音よりも遠くまで響く大音量化を目指して開発したガラスノッカーは、通常の樹脂成型ではなく、ガラス繊維を樹脂に配合することで、ラトル音量を増幅させています。これにより、遠くのルアーの動作音が聞き取りやすく、操作性を向上させ、魚に対するアピールも強くなることを狙いました。

という、通常は音を出す機構は「ラトル」だったりするんですけど、水中で遠くまで音を響かせるためのシマノ独自の機構ですね。

カラーラインナップ

8種類の豊富なラインナップです。

ナイトゲームでもトップウォータープラグで釣ることは出来ますが、デイゲームで使うことが多いと思うのでフラッシング効果が高いカラーがオススメですね。

というわけで私のようにサイズで躊躇していた人も、今回のサイズダウンでだいぶ買いやすくなったんじゃないかな、と思うわけです。

普通のトップウォータープラグで反応が悪い、という時に「ガラスノッカー」搭載のガラスライドなら反応を引き出せるかも!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする