2019シマノの新ベイトリール「SLX MGL」ハイコスパ機として非常に気になる1品!

昨年まであんまりベイトリールに興味が無かったんですけど、ちょっとベイトシーバスを始めてみた所興味が湧きまして、いろいろとベイトリールの事を調べている今日この頃です。

そんな僕のようなオッサンのベイトビギナー向けと言っても良い価格帯の新リール「SLX MGL」がシマノからリリースされます。

こちらもアンタレスに続いて秦拓馬さんが動画を公開されてますね。

「打倒アンタレス」とありますが、飛距離で中々良い線行ってる感じです。

SLX MGLの特徴

ちなみに製品名は普通に「エスエルエックス」らしいです。もっと覚えやすい名前付けたら良いのに、と思うのは私だけでしょうか。

出典:シマノ

ちなみにMGLはご存知「マグナムライトスプール」の略です。

定価21,000円という中〜低価格帯のモデルに搭載してくるとは中々。

クイックな立ち上がりで抜群の飛距離とストレスのない飛びを実現するマグナムライトスプール、イージーセッティングで広いブレーキ調整幅を誇るSVS∞(インフィニティ)、高剛性のHAGANEボディなど、上級機種並みのテクノロジーを惜しみなく投入。ラバージグの点撃ちからトップウォーター、スピナーベイトやクランクベイトといったマキモノまで幅広く対応します。マットブラックを基調としたボディにアクセントとしてシマノブルーを配したデザインを採用。1台であらゆるリグを使い分けたい欲張りアングラーや、バス釣りが楽しくて仕方がないヤングアングラーに、ぜひとも使っていただきたいバーサタイルリールです。

「ヤングアングラーに」という一文が引っ掛かりますが(お小遣い制のお父さんのほうが厳しいと思うので)とにかく定価が21,000円という価格なので、1万円台半ば〜後半あたりが実売価格ではないかと思うわけですね。

特にベイトリールは大バックラッシュしたら釣り終了となる恐れを秘めているので、予備タックルが必要になる事も多くあります。なので低価格帯で使いやすいリールがあると良いですよね。

という余談はさておき搭載機能としては

・NEWマグナムライトスプール

・SVS∞(インフィニティ)

・HAGANEボディ

・海水OK

・S3Dスプール

といったところで、特に売りなのが「NEWマグナムライトスプール」でしょうか。

NEWマグナムライトスプール

ベイトリールのキャスティング性能を左右するスプールの慣性モーメント。開発ではその減少を目的にスプール胴径へのブランキングや薄肉化を行ってきましたが、「NEWマグナムライトスプール」では、これまで技術的に不可能とされてきたスプール側面への穴開けに成功。当社比で慣性モーメントの約10%ダウンを達成し、実に約20%の飛距離アップをマークしました。

20%の飛距離アップってとんでもない事だと思いますが・・・

それが先の秦拓馬さんの動画の「VSアンタレス」に繋がる点なわけですね。

「海水OK」というのも嬉しいポイントですが、ベイトリールは塩ガミするのでメンテは必須です。

スペック表

残念ながら私のようなニワカベイト野郎には厳しい、右ハンドルモデルからのリリースです。

(いつもの事ですが)

左ハンドルモデルについては何も書いてありませんが、、売れれば出るのでしょう。

ノーマル、HG、XGとそれぞれ出るのが良いですね。

発売時期は2019/5予定との事なので、もうちょっと先になりそうです。

本当にどうでも良い余談

SVS∞(インフィニティ)

ってあるんですけど、どうしてもオジサンである私はこれを思い出します。

(上の∞も「ムゲンダイ」で変換して出した)

「ムゲンダイ」

という文字がいい味出してますねこのコマは。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする