バチ抜け用・・?と思いきや「ジャーキング」が効くらしい「モアザン レイジースリム88S」購入インプレ

3月に発売された、シャロー用の「110S-LV」ではなく、かなり前に発売された、ノーマルの「レイジースリム 88S」なのですけど、スリムなシルエットから、一般的には「バチ抜け用」のシンペンとして認知されていると思いますが

ダート(ジャーク)が効くらしい

という事で今回買ってみました。

レイジースリム88Sのおさらい

水中映像があるので、まずはこれを見るのが手っ取り早いですね。

・ミディアムリトリーブではスラローム+ローリングアクション

・デッドスローリトリーブではローリングアクション

・カーブフォール中もローリングアクション

というリトリーブ速度、フォールによって可変するアクションが売り。

ダイワ公式の説明文では

■ロッドを立てたデッドスローリトリーブでは、震えるような「マイクロタイトウエーブアクション」
■スローリトリーブではユラユラとテールを揺らすスローなスイングアクション
■スロー~ミデイアムリトリーブでは、ナチュラルスイムアクション
■トゥイッチアクション追従性も秀逸

出典:ダイワ

ということなので、概ね動画の通りなのですけど、4番めの「トゥイッチアクション追従性」というのが今回僕が買ってみた理由です。

居るのに食わない・・・というシーバスの「スイッチを入れる」という事が出来るのでは?というのが期待してるところ。

ミニエントで「ダートアクション」でよく釣れるように、こういう素早いアクションが結構効くシーンは多いのではと思っています。

実釣動画が公開されてました

この動画でも連発してますね。

軽いトゥイッチをチョンチョンと入れていくとダートする、というような動きに見えますね。

投げてみた

9gという重量なんですけど、シルエットがかなり細身なので飛距離はかなり出ます。

投げていて気持ちが良いほど飛びますね。

そしてミディアムリトリーブでは、確かに「バチ抜けで効きそう」な動きをしますね。

んで本題の「トゥイッチ」を入れた時は、丁度いるレンジをキープしたままアクションが出来、なかなか使い勝手の良いルアーです。

まずはミディアムリトリーブ、次にデッドスローリトリーブ、反応が無ければトゥイッチ、という1つのルアーで3タイプのアクションが入れられるので、バチ抜けシーズン以外でも結構使えるのではないかな、と思っています。

まだ数投して動きをチェックしただけなので、今後しばらく使ってみようかなと思っています。

追記

こちらのレイジースリム88Sですが、、、

ジャーキングしなくても普通に巻いただけで釣れる

というルアーでした。

飛距離も出るのでオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする