新しいライトゲーム用タックルを中堅クラスで物色中(2019年版)

最近までずっとベイトシーバスにハマってましたが、今私の中で再びブームが来ているのが

ライトゲーム

なのです。

何が面白いってやっぱり「釣れる」っていう事なのかなと思うんですよね。

後はタックルを弱めにすることで体験出来る「スリリングなやり取り」というこの2点がライトゲームの大きな魅力ではないかなと思うわけです。

今使っているライトゲームタックル

ロッドは主に2本。

・ゼスタ ブラックスター セカンドジェネレーション S78

メインはゼスタのブラックスターS78。ライトゲーム全般に使える上にパワーがある、という「ライトゲーム版の何でもロッド」的な扱いです。

この価格帯でTopガイドはSicですが、それ以外の箇所に「トルザイトリング」を使用しているというコスパの高いロッドです。

・メジャークラフト クロスライド XRS-S752AJI

アジングロッドなのですが・・・ちょっと古いので今の最新のアジングロッドに比べると最早「倍くらいの自重」というロッドなんですけども、アジングじゃなくライトゲーム用、と考えれば普通に使いやすいロッドです。

これも結構パワーとティップの反発力が強いので、アジングロッドという感じがあまりしないロッドになってますね。

リールは基本1台。

・シマノ ストラディックCi4+ C2000HGS

160gという圧倒的な軽さと、実売2万円くらいの中堅価格で人気だったストラディックCi4+。今でもこれを上回る軽さのリール、となると数えるほどしかないレベルで軽量ですね。

というのが今使っているタックルなのですが、どれも2016〜17年くらいに買ったものなので、そろそろ2019年的な物が欲しいと思っているわけです。

というわけで検討しているタックル

まずはロッドから。

・ヤマガブランクス ブルーカレント 76 stream

第一候補はこちらの「ブルーカレント 76 ストリーム」なのです。

これをなぜ第一候補としているのか・・というと「プラグの扱いを重視している」という点になります。

ライトゲームで使うルアーとしては主に

・プラグ

・メタルジグ

・ジグヘッド+ワーム 

この3種なのですが、私は「プラグ好き」なのです。当然ながらメタルジグやワームのほうが良い時は多々あるのですが

プラグで釣りたいんや

ただそれだけの思いがありまして、「プラグ用チューン」されているブルーカレント 76 ストリームが第一候補なわけです。

・テイルウォーク ライトゲーマーTZ

次の候補がちょっと高価ですが、テイルウォークの「ライトゲーマーTZ」ですね。

フィッシングショーでちょっと触ってみて良い感じだったので欲しい、というそれだけの理由です(笑)

コスパからするとブルーカレントのほうが・・となるので第2候補。

そしてリール。

リールはもうこれしかない。

・19ヴァンキッシュ C2000SHG

そこに「自重145gの未体験ゾーン」があるなら踏み込んでみたいですよね?

巻き心地でもない、質感でもない。

ただ軽さを追い求めるとヴァンキッシュ一択なわけです。

え?イグジスト?

だって高すぎるやん?

というわけで、ストラディックCi4+を卒業するならヴァンキッシュと思っているんですが、意外と悩んでいる対抗馬がありまして

・16セルテート 2004CH

これなんですよね。19にはこの番手は無いので16になるわけですが、「頑丈」「堅牢」「パワー」「耐久性」が完璧なリールなんですよね。

弱点は自重がクソ重い事。

ライトゲームって不意の大物も掛かったりして、代表格がシーバスなんですがセルテートなら余裕だと思うんですよね。障害物無ければ別にセルテートじゃなくてもいいんだけど。

一時19が出た後激安だったんですが、踏ん切りがつかずで購入は見送り。

次は20ツインパワーが出たら15が激安になりそうなので、それ狙いかな・・・。

という、あまり初心者には役に立たない、中堅〜ハイエンドクラスのものをピックアップする羽目になったんですが、このくらいのタックルでやったほうがストレス無く楽しめるのは確かです。

ということで、またしばらくしたらインプレ記事が上がるのでは・・と思うわけですけど、いま時点では買っていません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする