シーバス シマノ 釣り 釣具2019新モデル 釣具インプレ

19ディアルーナ B96ML(ベイトモデル)のインプレ。軽快さが良いロッド。意外とこのレングスのMLロッドが無いのです。

9.6以上のロングレングスのベイトシーバスロッドが欲しくなりまして

いくつか既にベイトシーバスロッドは所持しているのですが、

 

・ロングレングス(9.6以上)

・MLクラス

 

のロッドが新しく欲しくなりまして、この条件になると実はあまり選択肢がなく、「19ディアルーナ B96ML」を購入しました。

 

 

シマノのベイトリールは売ってしまったのでジリオンSV TWですけどね・・・

ちゃんと違和感無く装着できます。スコDC売らなければよかった。

 

19ディアルーナ B96MLの所感

まず届いた時の感想。

 

「細くて軽い」

 

これです。近いレングスのベイトロッドとしてはラテオの97MB・Qを所有しているのですけど

 

 

ラテオは「M」のロッドなので、扱えるルアーが10〜50gと結構重量級ルアーも扱えるスペックになっています。その代わりに自重が155gあるので、ちょっと重めになります。

 

対して今回の19ディアルーナですが、今回購入したB96MLでも「136g」ということで、扱えるルアーの範囲が7〜32gと狭くなるものの、約20gほどの軽量化になります。

 

私自身はどちらかというと「小型で軽量なルアーを投げる事が多い」という事から、19ディアルーナのほうが用途には合っているという感じですね。

ただ、別にラテオが10g以下のものが投げられないかというとそうでもなく、軽量なルアーになると、どちらかというとリールも合わせて調整しないと難しいので、ディアルーナが快適に投げられるのかと言うと、「ルアーによる」という感じになります。

 

ディアルーナB96MLでルアー投げてみた

 

 

私、実はシマノのロッドをあまり所有しておらず、「AR-C TYPE XX」という剛竿しかもっていないのです。3ピースながら60g投げられる、サーフ用のロッドなのですが240gあってクソ重いんですよね。

 

で、そのロッドもかなり「固いロッド」なので、シマノのロッドは固い印象があったのですが、19ディアルーナは思ったほどではありませんでした。

 

ただ曲がり方がシーバスロッドらしく「ティップ部分が入る」という曲がり方になるので、ロッド全体が曲がるというよりはシーバス向けにティップが繊細になっている感じです。

このあたりの曲がり方は好き嫌いが分かれるかもです。

 

「細くて軽い」というと、私の所有しているロッドでは「モアザンAGS」が該当するんですが、モアザンはシャープなロッドなのに曲がる、パワーがあるという不思議なロッドなので、それとはまた違った感じではあります。

 

細い割には「スパイラルX」「ハイパワーX」という機構の恩恵か、バイブレーションを引く時にもパワーを感じる、楽に引けるロッドになっている感じ。

 

ただ2万円程度の価格帯のロッドになるので、「キャスト時のティップの収束が早いか」というとそうでもなく、このあたりはラテオ同様、値段相応の感じがします。

 

ボトムの感度も普通ですかね。極端に悪いとは言いませんがそこまで繊細では無い感じです。

(これはジリオンのハンドルを105mmに変えてしまったせいかもですが・・)

感度の部分はベイトロッドの特性上かなり強めに作られているかなという感じで、同じ価格帯の他のロッドでも同じような感じです。ボトム感度が重要、という釣りの場合はスピニング用のロッドのほうが繊細なものが多いですね。

 

もっと固くてシャキッとしたロッドなのかなと思っていましたが、思っていたよりは極端な固さも無く、キャストもしやすいロッドです。

 

10g以下の軽量ルアーも意外とイケる

春先のハクパターンのように、小型の10g以下のルアーを投げることが多くなる季節が一番ベイトタックルが厳しい季節なのですけど(ベイトフィネス用リールがある人は良いけど)

軽量ルアーを投げるためには、リール性能以外に結構ロッド側もそれなりの固さやパワーの配置がされたロッドがあるとトラブルが減るのですが、この19ディアルーナB96MLは意外と軽量ルアーが投げやすいです。

もちろんベイトフィネス用タックルのようには行きませんが、7g程度のルアーを投げても全然大丈夫でした。

これが他のロッドだとちょっと厳しい時があるので、そういう点ではディアルーナはかなり優秀と言えます。

 

 

オススメするユーザー

 

・バイブレーションを多用する

・軽量なロッドが欲しい

・ロングレングスで低価格帯のロッドが欲しい

・ベイトシーバス初心者

・シマノじゃないと嫌だ

 

こういう方にオススメです。特にメーカーのこだわりが無く、よく曲がるほうが良いという事であれば、個人的には低価格帯で言えばダイワのLAZYでも良いかもです。

ただLAZYは89MLBしかない・・・売れたらロングレングスのモデルも出たのかもですが、売れてないんですかね・・・

 

19ディアルーナ B96MLまとめ

ベイトシーバスロッドとしては低価格帯のロッドなので、もの凄く繊細だ、とか高級感のあるフィーリングではありませんが、全体的に軽量化などの見直しが入っており、とても軽快に扱えるロッドになっています。

軽快ですがバットパワーもあるので、良型が掛かっても安心感はありますね。

固いロッドと思っていましたが、思ったより極端な固さも無く、良い意味で裏切られた気はしています。

 

魚をまだ掛けていないので何ともですが、使いやすいロッドではありますので、これから良く使う事になりそうです。

 

重量級ルアーを投げる、ベイトショアジギングにも転用したいという事であれば、B96Mのほうがオススメです。

 

シマノ公式サイト

http://fishing.shimano.co.jp/product/rod/5276

 

 

その後のベイトシーバスロッド事情

結局ですね、「軽量」で「比較的安価」で「96というレングス」というロッドが他に無いので、今最もベイトロッドで使ってるのがこのディアルーナB96MLになってます。

丁度私の行くエリアの足場の高さから、このレングスがとても使いやすいのです。

 

よく行く釣り場でB86かB96を選ぶ、というのが良さそうですね。

値段の割に良い感じのロッドだと思います。

 

RSSで最新記事を読む

follow us in feedly

-シーバス, シマノ, 釣り, 釣具2019新モデル, 釣具インプレ

Copyright© webinthelife , 2020 All Rights Reserved.