またも港にシーバス釣行。小さいルアーに反応しなかったが、とあるルアーで・・(2018/4/8)【2018年4月釣行】

※当サイトはアフィリエイトリンクを使用しています。

シーバス

 

週末は暴風のため、土曜日は表層フグパターンを確立しただけで帰るという屈辱でしたが、日曜日は風が少し収まったので、最近鉄板な宮崎港に行ってきました。

 

スポンサーリンク

ポイントに入った直後、ライズしだすが・・・

夕マズメ時間から行き、日が落ちて常夜灯が点くのを見計らってポイントに入る。

到着直後、、ライズが始まる。

全て予定通り。

一投目で釣ってやるぜ・・・ということで「テトラワークス ユラメキ」を投入。

 

前回がゼブラグローで釣れたので、ゼブラグローをキャスト。

明暗を引いてくるが、、、

 

シーン・・・

無反応。おかしいな?と思いつつユラメキを投げ続けるも無反応。

ここのポイントは人が居なかったので、今回スレた事は無いはず・・という感じなのですが、一向にアタリがない。

後から来たアングラーが小さいルアーを投げるも無反応。

こちらも「モアザン スライ95F」「サスケ SF-75」といった河川で実績の高いルアーを投げるも無反応。

ユラメキにまた戻すも無反応。

 

今日の答えは一体・・・?という状況に。

 

遂に答え見つかる

しばらく使っていなかった、「スレに強い」と言われるルアーの事を思い出した。

飛距離が出ないので最近持ってきていなかったのですが、こういう状況で強いルアー。

それがこれ。

 

「モアザン テイルスラップ 75S ゴールドレインボー」です。

ふと思い出してチェンジし、キャスト。

飛距離を確認してから明暗を引いてくる2投目・・・

 

ゴン!

 

よし!狙い通り!!

という感じのHIT。

ちらっと見えたがそんなにサイズは大きくないけど、突っ込むような引きは、この場所でいつも釣れるアイツ。

 

ヒラセイゴさん・・・35cmくらい。

テイルスラップはお尻のフックがシングルフックで弱いので、大物が来ると厳しいのですが、このサイズなら余裕です。

スレた時にやっぱり効くなぁーと思ったものの、取り込み時に大暴れされてしまい、ライズが収まってしまう、、、、

結局クソ寒いので納竿としました。

飛距離が出ないので局地戦になりますが、「モアザン テイルスラップ」は1つ用意しておくと反応しなかった奴が釣れる事がありますよ。

 

今日のタックル

・メジャークラフト NSS-902SSJ

ソリッドティップだと軟すぎる、かと言って固すぎるロッドも嫌だ、という状況に最適なロッド。夕マズメはジグを投げ、夜はシーバス、という状況にもGoodなロッドです。

 

・17セオリー 2510PE-H

ATDをやめてUTD化したセオリー。

軽いので0.8号のPEを巻いて、SSJとシーバスに利用。

 

18カルディアが出た時はクソ、と思いましたが、よくよく考えると何ら問題無いので別に良いかなと。

 

タイトルとURLをコピーしました