シマノより新エギングリール「19セフィアSS」が登場!しかし、そこは変えてほしかった!

シマノから新エギングリール「19セフィアSS」が発表されました。

出典:シマノ

赤×ブラック×シルバーというカラーリングが良いですね。

それでは毎度のごとく特徴を見ていきましょう。

19セフィアSSの特徴

上位機種の性能に迫るミドルクラスが一新。HAGANEギアによる強さと滑らかな巻きごこち。回転慣性を低減するマグナムライトローターなど、前作のスペックはそのままにコアプロテクトで防水性を強化。スムーズなラインの送り出しで安心してやりとりができるリジッドサポートドラグを搭載。またGフリーボディの採用によりリールの重心を手元に近づけ、ロッドとの一体感が向上。軽快なジャークと、フォールやステイ時のロッドの安定感をサポートする。

出典:シマノ

マグナムライトローター、リジッドサポートドラグが嬉しい機能ですね。

Gフリーボディによるバランスにより、シャクりを多用するエギングには丁度良い感じになりそうです。

また紹介文にはありませんが「ラピッドファイアドラグ」も搭載しており、ドラグの急な調整がしやすくなっているのもポイント。

19セフィアSSのスペック

今回はC3000S、C3000SHG、ダブルハンドルのC3000SDH、C3000SDHHGという4機種のラインナップになっていて、自重も205〜220gとなかなか軽量な部類に入るかと思います。

定価も26,000〜28,500円ということで、実売は丁度2万円くらいになる中級機種、という感じになりますね。

さて、そろそろ気になる箇所を出しますか

1点、ここまでわざとスルーしましたが、正直

なんでやねん

と思う部分があるわけです。

あ、ちなみに私宮崎在住ですが京都に長く住んでいたので基本的には関西弁です。

という余談はさておきですね、その箇所というのが

コアプロテクト

待てーい!なぜ2019モデルにコアプロテクトなのだと。

Xプロテクトでしょそこは!という感じです。

まあ、ちなみに私コアプロテクト搭載のシマノリールはストラディックCI4+、15ツインパワーと2台持っていて、別に不具合が出ているわけではないんですけど、その理由はですね

シマノの指示を無視してオイル差してる

と、いう理由だと思っています。今の所そのおかげで問題は起きていません。

だったらコアプロテクトを嫌う理由は何だ、というところなんですけれども、その理由がですね、、、、

撥水加工によりオイルを弾く

という事なのです。結局コアプロテクトはあまり評判が宜しく無く、結果「Xプロテクト」によって撥水グリスが使えるようになったわけです。

(シマノの人に聞いたので、コアプロテクトでも一応使えます)

という事で私コアプロテクトは好きじゃないんですが、何で今更コアプロテクトやねん、と思った次第ですね。

とはいえ、それ以外の機能は価格の割には充実していると思いますので、新しいエギングリールを検討されている方には丁度よい価格帯のリールになりそうです。

やっぱエギングではダブルハンドルですかね・・・スピニングのダブルハンドルは個人的にはあまり好きではありませんが。

普通のC3000SHGなら、幅広い魚種に使えそうです。

ラピッドファイアドラグ搭載なので、意外と安価にシーバス用リールとして使う、という選択肢もアリかと思いますよ。

リバーシーバスならコアプロテクトでも問題ありませんしね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする