シマノから19ストラディックに続いてサプライズ!「オシアジガー Fカスタム」が登場!

シマノから19ストラディックに続いてサプライズ!「オシアジガー Fカスタム」が登場!

 

先日、シマノから突如「19ストラディック」が発表されまして、中価格帯のリールのド本命というべきリールが出てきたわけなんですが、さらにシマノから「オシアジガー Fカスタム」が発表される、というサプライズです。

出典:シマノ

 

しかも発売は1000HG(右)、1500HG(右)、2000NRHG(右)、3000HG(右)については7月1001HG(左)、1501HG(左)、2001NRHG(左)は8月という事で、もう来月から発売じゃん、という感じになってます。

 

19オシアジガー Fカスタムの特徴

オフショアでよく使われているベイトリールの代表がオシアジガーではないかなと思うわけですが(私はソルティガですけど)、そのオシアジガーにシマノ独自の機構「フォールレバー」を搭載したので「Fカスタム」という事のようです。

 

あのオシアジガーがいよいよフォールレバーを搭載して「Fカスタム」として登場。斬新な形状のフォールレバーは親指1本で瞬時の操作が可能。フォールスピードのみならずジグの水中姿勢をも自在にコントロールし、フォールでの誘いを一層確かなものにします。また、握りやすく力を込めやすい軽量のハンドルノブは中深海の釣りをはじめ高い負荷にも楽々対応。アングラーの負担を軽減します。もちろん、インフィニティドライブとマイクロモジュールギアによる滑らかで力強い巻き上げ、高い剛性・耐久性、スムーズなドラグ性能などジガーが誇るテクノロジーはそのまま継続。1000 番~1500 番はマダイ、タチウオ、根魚、中深海のジギングに、2000番~3000番はカンパチ、マグロなど近海の大型魚を相手にするゲームで真価を発揮します。

 

私はフォールレバー搭載リールを持っていないのですが、ハンドル側のレバー操作によって主にはスピードを変えたり、ジグの姿勢を調整する、という事が可能なようです。

確かにオフショアでイマイチ反応が良くない、という事もよくあるわけで、そんな時にフォール速度を変える事で状況を打破したい、というシーンで非常に便利そうです。

 

「巻き」については「マイクロモジュールギア」「インフィニティドライブ」搭載で最上級の巻き心地である事は間違いない感じです。

 

19オシアジガー Fカスタムのスペック

自重がフォールレバー分なのか10〜30g程度のUP、となってます。

価格は6,000円程度のUP。

1000HGでも2号300mのラインキャパシティがあるので、余程深いエリア出ない限りは十分な感じです。

 

今から買うならこっちのFカスタムのほうが良さそうですね。

 

http://fishing.shimano.co.jp/product/reel/5773

 

 

 

 

 

オフショアジギングカテゴリの最新記事