さすがハイシーズン!ボウズ無しのシーバス釣行と外道がヒット(2017/10/16、17)

秋と言えばシーバスに限らず、釣りのハイシーズンなのですが、今週はずっと天気が悪い・・・。

普段なら天気が悪いと行かないんですけど、せっかくのハイシーズンなので仕事終わりにちょろっと釣行。

10/16 小雨

雨のほうが釣れる、というのがシーバスでは一般的ですけど、あまり降ってると釣行自体が辛いのですが、小雨だったので構わず釣行。

場所はいつもの宮崎市は大淀川の橋脚周りポイント。

雨が強くなる前に勝負を決めてしまいたい・・・ということで、実績の高いミニエントで始めます。

カラーも最も実績の高い「レモンソーダミント」で。

ミニエントはタダ巻きより「シャクってダートさせる」がよく釣れるのと、シーバス以外にも

・メッキ

・マゴチ

・ヒラメ

が釣れたりするので、非常に有効なバイブレーションです。

ということで始めてみたものの、30分ほどは何も起きず・・・。
ただただシャクり続けるのみ・・・。

大きくシャクってみたり、小さくヒラ打ちするようにしてみたり・・とアクションを変えてみるものの反応は無い。

うーん・・・・と思っていたら、ミニエントのフォール中に何やら違和感。

ゆっくりググっとルアーを持っていくような感覚が伝わったので、違和感があれば即アワセ!というのが鉄則ですので、アワセてみると

ゴン、ゴン!

と頭を振る振動が伝わり、その直後にエラ洗い!本命シーバス来たーーーー!

けれどもエラ洗いでサイズが分かってしまい、そんなに大きくないようなので、ドラグを緩めに調整してファイト。

サイズの割にはよく引く元気な個体のようです。

ランディングしてみると40cmくらいのヒラセイゴ。

普段はヒラスズキよりマルスズキのほうが引くという気がしてるのですが、この子はよく引きました。

引き続きミニエントで・・と思ったんですがアタリが無いので、次にワームをセレクト。

シーバスと言えば・・・コアマンのアルカリシャッドですよね。

個人的にあまり実績の高くない「カタクチイワシ」カラーをセレクト。

実績が高くないと使わなくなるんですけど、季節や状況に応じて実は釣れたりするのを見逃したりするのも良くないんで、敢えてセレクトしてみた。

ワームの場合は、ボトムを取って5〜10回ほど巻き、またボトムを取る、という釣り方の実績が高いので、いつもの攻め方で始めて数投目、、、

ボトムを取って巻き始め・・・ゴン!とひったくるようなアタリ!

外れないように思いっきりフッキングを決め、ガッチリと掛ける。

そこまでサイズは大きく無さそうだが、エラ洗いをしないぞ・・・と思って寄せてきたら、似て非なる魚が見えた。

正体はこいつ。

えらく体高の高い30cmちょいのニベでした。

河口から2〜3キロ地点でニベが釣れたのは初めてなので、最初はシーバスかと思いました・・。シーバス狙いなので外道ではある。

というところで納竿。

10/17 曇り

雨が降ってないのでラッキー、と思って釣行してみたものの、、、

全然アタリが無い

ミニエント、ワームの前日釣れた組み合わせでも駄目、他のバイブレーションをボトムを取って引いても駄目、実は表層付近か・・・?と思ってLONGINのフランキー、DUOのマニックフィッシュ・・・と手持ちのルアーをローテーションしていっても全く反応無し。

再びミニエント・・・鉄PAN Vib・・・ミニエント・・・と実績ありルアーを投げても駄目。

そんな感じのまま2時間ほど経過。

今日は駄目かなぁ、、、と思ってふとルアーケースに入っていたとあるルアーを手に取る。

世間では非常に実績の高い超有名なルアー、でもなぜかあまり釣れたことがないモノ。

ローリングベイト77

ひさびさに使ってみることに。

以前、もう一つチャートカラーを持っていたんですけど、足元で割と大物が掛かり、岩で擦って一瞬でロストしてしまったので、残ったレッドヘッドを使ってみる事に。

使い方はバイブレーションと同様、

ボトムを取ってタダ巻き・・・またボトムを取る。

この繰り返し。

という誰でも出来る簡単な誘いで引いてくると、、、

ゴン!

他のルアーで無反応だったのに、ローリングベイトにヒット!

直後にエラ洗い!

しかし今回もあまりサイズはたいしたことが無く、40cmといったところなので、ドラグを緩めにしてやり取り、ランディング。

あんまり大きくなかったので写真も適当(笑)

この場所だとヒラスズキが多いんですが、マルスズキですね。

とりあえずボウズを逃れたところで納竿。

秋はやっぱりハイシーズンなので、ボウズが無くて楽しいですね。

今回のタックル

・ロッド ヤマガブランクス ブルーカレント 85/TZ NANO ALL-RANGE

8フィート5インチなのにそこそこパワーもあり、そして80gしか無いという超軽量反則ロッド。若干ガイド絡みが多い気がするのがネックですが、ナノカーボン採用によりティップの戻りが非常に速く、ミニエントをシャクる釣りでは軽さとこのティップの戻りの速さが重宝します。

・リール ダイワ セオリー 2510PE-H

ブルーカレント85/TZと組み合わせると「合計270g」しか無いという軽量タックルが完成します。ランカーサイズはちとキツイ気もしますが、まあ60cmくらいまでなら余裕でしょう。

先日この組み合わせで70cmくらいのコイをスレ掛けてしまい、リールがぶっ壊れるかと思いましたけど平気でした。(コイ釣りにはキツイです)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする