大雨から数日後のシーバスデイゲーム(2019/7/7)

先日宮崎ではかなりの大雨が降りまして、一部地域では冠水などの被害が出るほどの雨だったわけです。

そのため、河川は台風後のような茶濁り状態、というのが前日の7/6。

夜に若干雨がまた降ったんですが、翌日はほんの少しだけマシになりまして、ちょっと幾つか試したいルアーがあったので釣行してきました。

ちょっと上流を様子見に

上流だったら意外といけるんじゃない?という事でちょっと見に行きましたが

茶濁りと薄濁りの間・・というくらいの濁りです。こちらは本庄川ですね。

これがもう少しだけ取れるとベストな状態ではないかな、という感じだったので、夕方から下流域(大淀川)にエントリー。

いろいろとルアーを試していたら・・・

まあ釣果は期待できないかなという気もしていたので、いくつか購入したルアーを投げてみるために大淀川へ。

キャストして回収、リフト&フォールなどいろいろと試しつつ、たどり着いたのが先日インプレした「ハードコア ベイシャッド 80S」

こちらは際を撃つため用に買ったので、フルキャストを何投か試し、本来意図していた使い方であります、際を撃ってみたら、、、ギラッとした魚体が見えた瞬間に

ゴン!

釣れるんかーい!

5Mくらい軽くキャストしただけで、あまりに油断していたのでドラグもガチガチだったようで、痛恨のバラし、、、

どうもスピニングの癖でドラグをキツめにするんですけど、ベイトだとちょっと緩いほうが良いのではと最近思ってます。やっぱスピニングのほうがドラグは優秀な気がしますね。

気を取り直して際撃ちを続けると、、

どうやらシーバスは居るようなので、気を取り直してベイシャッドを投げ続けます。

しかし100M下っても反応は無し。

ただ、私は同じエリアに100回以上は通っているので、同じ岸壁でも「シーバスがよく付いているポイント」というのがあったりするわけです。

200Mほど下り、そこに到達。

まずは岸壁沿いにキャスト。タダ巻き。反応なし。

2投目、トゥイッチ。反応なし。

今度は流れ沿って上流側にキャスト。トゥイッチ。反応なしか・・と緩めた瞬間に

ゴボッ!

水面が割れ、シーバスがルアーにアタック!

正直また油断していたのでビクッとしたわけですが、ガッチリルアーは掛かっているようです、しかし足場が悪いので、大したサイズではないのを確認し、思い切ってぶっこ抜き。

まあ40cmあるかどうか、というくらいの小物です。何かやたら尾びれが大きい気がします。

もうちょっとマシなサイズ居ないかなぁ、と思いつつ撃っていくが、1回だけ小物がまたアタックしてきたもののフッキングせず。

暗くなり、どうやら下流に流されたハクがまた上流に上っていくような姿を見かけるも、どうもシーバスの捕食音も無く、反応は薄いようなので、納竿としました。

今回のタックル

・ロッド ディアルーナ B96ML

先日購入した19ディアルーナB96MLの入魂となりました。

とにかく軽い。軽い力でルアーも飛びますし、軽いルアーを扱うのも割と秀でている気がしますね。入門用〜中級者くらいまで幅広く使えるんじゃないかな、というロッドです。

 

・リール ジリオン SV TW 1016SV-XXHL

最近デイゲームで出番の多いジリオンSV TW。

ちょっと前まではスティーズSV TWをずっと使ってましたが、久々にこの「9.1」の超ハイスピードなギアを使ってみると、まあ回収が早くて使いやすい。

そしてSVスプールのトラブルレス。

良いリールだと思います。

巻きの重さを解消するために、ゴメクサスの105mmハンドルに交換してます。

ゴメクサス (Gomexus) パワー リール ハンドル

これに変えると、結構バイブレーションを巻くのも楽になりますね。オススメです。

という事で、また梅雨のせいで雨続きになりそうですが、シーバスも活性が高くなってきてるかも、という感じですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする