メジャークラフト 釣り

メジャークラフト新製品(ジグラバー スルー、パラワーム グラブ)が随所に入ったヒロセマンのショアラバ釣行動画が公開!

さらっとメジャークラフト新製品が随所に入った、ヒロセマンの「ショアラバDEライトロックゲームbyヒロセマン(メジャークラフト)」が公開されましたよ。

動画で使っているロッドがこちら。NSS-962M/SRJ。

と、NSS-902ML/SRJ。

短いほうが取り回しは良いが、長いほうが少し遠投が効くので、よく行くエリアによってどちらかを選択するのが良いですね。

いきなりのオオモンハタヒットで分かりますが、いつもの「ティップが繊細、バットが強靭」というものではあるんですけど、このバランスがSRJモデルは「よりボトムに居る大型魚」を狙うのに特化されています。

このバランスによって、確実に着底を意識出来るようになることで「根掛かりの回避」「地形の把握」がやりやすくなっています。

そして何よりN-ONEシリーズは「軽い」のが良いところです。

さらっと紹介されている新製品

以前からチヌ用のルアーとして「ジグラバー」が発売されていますが、これに

・オフセットフック付属のモデル(10、15、20g)

・ネクタイ付属のモデル

が追加で、重量も10g〜40g程度のものが追加されるようです。その名も「ジグラバー スルー」とのこと。

さらにオフセットモデルの解説の時にもさらっと出てきますが、「パラワーム グラブ」も発売されるようですよ。

 

動画で解説されている根掛かりの回避方法

足場の高い所、低い所での根掛かり回避方法(外し方では無いです)が解説されてます。

・根掛かりの多い所ではロッドは立てたほうが、ルアーの立ち上がりが速い

・ただ足場が高くてルアーがすぐ浮いてしまう場合は、ロッドを寝かせて使う

このあたりは臨機応変に変える事で、根掛かりを減らしつつ釣果アップに繋がるとのことです。

僕が普段行くところも足場が高いので、割とロッドを寝かせて使う事が多いです。

基本的には立てて巻いたほうが根掛かりは減るので、普段はそれを基本とし、根掛かりが少ない場所ではよりボトムを攻められるようにロッドを下向きにする、というのが良さそうです。

夏のロックフィッシュゲームが開幕になってますので、この動画は参考になりますね。

RSSで最新記事を読む

follow us in feedly

-メジャークラフト, 釣り

Copyright© webinthelife , 2020 All Rights Reserved.