梅雨入りという憂鬱季節になったので、使っている釣り用レインウェアを晒します。

梅雨入りという憂鬱季節になったので、使っている釣り用レインウェアを晒します。

 

梅雨です。1年で最も嫌いなのが梅雨です。

 

梅雨が終わると、上流に登っていっていたシーバスも下ってくる(はず)なので、釣果は上向くはずなのですけども、とにかく泥濁りになって河川での釣りが成立しづらくなりますね。

 

という以前に「雨だと行くのが面倒」「濡れて釣行が辛い」という問題が起きます。

なのですが

 

雨なんて濡れても死ぬわけではない

 

という事で無視して行けば良いんですけど、そんな中でも出来るだけ快適に釣りが出来るよう、私が使っているレインウェアを晒してみます。

 

 

ゴアテックスがやはり最強

そんな事は分かっている!という人も多いとは思うのですが、やはりゴアテックスのウェアは最強だったりするわけです。

でもお高いんでしょう、というやつですね。そうですね高いです。

 

ただ釣具メーカーのウェアじゃなければ、比較的安い値段で買えるものもあります。

という事で私が使ってるのがモンベルの「ストームクルーザージャケット」です。

2万円ちょい・・というくらいですね。

 

梅雨時期、気温は高いが雨、という時に「透湿性の高いウェア」は必需品になります。

登山なんかでも使えると思うので、一着あっても重宝しますよ。

 

そういえばワークマンなんていう選択肢もありましたが

 

宮崎にワークマンは無い

 

ネットで買えば良いんですけど、ユニクロと一緒でその辺で被るんですよね・・

 

 

レインパンツは敢えて釣具メーカー

こちらもモンベルとかでも良かったんですけど、使っているのがダイワ。

 

こちらの「レインマックス」シリーズは透湿性も十分にありますし、実際に数時間雨の中で釣行を何度も実施してますが、全然滲みたりする事もありません。

裾はマジックテープになっていて、長靴なんかでもちゃんとフィットします。

左右のポケットも結構広く、札入れなんていうちょっとかさばる財布も入ります。

強いて言うならば、、、後ろにもポケットが欲しかったという感じはしますが、防水性能が落ちるからか、なかなかレインパンツで後ろのポケットがあるものが無いですね。

 

この2つの組み合わせで週末思いっきり雨の中釣行しましたけど、(シーバスをバラしただけで釣果なし) 全然中に滲みたりする事も無く快適でした。

 

 

そして夏用も紹介

梅雨といっても肌寒い日は先程のものでも良いんですが、蒸し暑くなってくる季節の場合はやはり・・「半袖」が良いですよね。

 

で、着ているのがこれ。

 

半袖なのでとても涼しいです。

なので梅雨明け後の夏にも重宝しますね。透湿性のある素材(レインマックス)なので、蒸れずに快適に着ることが出来ますよ。
結局の所、雨なんて気にせず釣りすればいいんですよ。梅雨なんてさ。

 

 

 

 

 

ダイワカテゴリの最新記事