ナチュラムとメジャークラフトのコラボロッドが発表。4ピースのモバイルロッド「アーバンソルト US-824L」「アーバンスタイル フォースロック FS-644L」

気になるロッドのニュースが入ってきましたよ。

ナチュラム×メジャークラフトのコラボロッド「アーバンソルト US-824L」「アーバンスタイル フォースロック FS644L」がナチュラムのブログに載ってました。
(アーバンスタイルFS-644Lについてはこちら

テーマは「URBAN FISHING」。出勤前、仕事、学校帰りのちょっとした時間で釣りが楽しめるように開発されたそうです。
その名も「アーバンソルト」「アーバンスタイル」。商品ページはこちらこちら

僕が気になるのはアーバンソルトですね。近しいロッドを何本も持ってるので買いませんが・・。

アーバンソルトの特徴

アーバンソルトの特徴をブログから引用すると

・1本で何でも狙える欲張りロッド!
∟3gの小型ルアーから20g強のシーバス用ルアー、エギ、ワインドなど何でも扱えます!
・仕事場や学校など、どこでも持ち運べる4ピースロッド!(仕舞寸法67センチ!)
・専用セミハードケース付き

ということで、僕の持っているクロステージ モバイルシリーズ CRK-764SLとちょっと似た感じではあります。

アーバンソルト US-824Lの仕様は以下だそうです。

●適合ルアー:3~18g
●適応ライン:PE0.4~0.8号
●アクション:ファーストテーパー
●AリングKガイド
●ハードロッドケース付き
●ロッドベルト付き

ちなみにクロステージ CRK-764SLは適合ルアーが2g〜15g、適応ラインが少し太く0.4〜1号、ハードロッドケース付きです。使いませんけどね。
アーバンソルトが8フィート2インチで、クロステージが7フィート6インチなので、アーバンソルトのほうが若干長く、適応ルアーも少しだけ重いものが使えます。
Aリングとあるのでこれもアルコナイトのようですね。

使ってみないと何とも言えませんが、クロステージの使い勝手が非常に良いので、1g以下のジグヘッドを使うようなアジングとかをしなければ、持ち運びも楽で汎用的なロッドではあります。
それがもう少し重いルアーが扱えるようになり、ロッドの長さも長くなっているので、ジグパラマイクロとかの極小ジグを投げたり、最近増えてきた7g程度の小型メタルバイブなどを投げるのに重宝しそうです。

1g以下のジグヘッドを使う場合はアーバンスタイルを使えば、仕事帰りになんとアジングが出来ますね(笑)

アーバンスタイルの特徴

アーバンスタイル フォースロック FS-644Lの仕様は以下です。

●全長:6フィート4インチ
●継数:4ピース
●仕舞寸法:52cm
●適合ルアー:0~3g
●適応ライン(モノフィラメント):1~3LB
●適応ライン(PE):0.1~0.4号
●アクション:ファーストテーパー
●AリングKガイド
●ハードロッドケース付き
●ロッドベルト付き

アーバンソルトが18gまでのルアーが扱えるので、ワインド用の1/2ozのジグヘッドも扱えますね。ワインドやエギングするにはロッドの張りが気になりますが、そこそここなせそうな感じです。
クロステージも割と固めの竿なので、やはり仕様は似ている感じがしますね。

値段もほぼ同じなので、今から買うならアーバンソルト US-824Lのほうが汎用的な気がしますね。
ショートロッドが好き・より持ち運び重視な人はクロステージ、少しでも長くて遠投の効くモデルが欲しければアーバンソルト、アジングのような超ライトゲームはアーバンスタイル、という選択が出来るのが良いですよね。

なかなか0.xgのジグヘッドを扱えるモバイルロッドは無いので、アーバンスタイルも凄く期待できそうです。

値段もアーバンソルトが12000円(ナチュラム販売価格:税抜き)、アーバンスタイルが11000円(ナチュラム販売価格:税抜き)なので、ここもクロステージとほぼ同じ値段なので、選択に迷いそうですが、後から出ているもののほうが最新の技術が使われていたりするので、実レビューを待ちたいところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする