ジャパンフィッシングショー2019に行ってきた(その5)オフショアリール編

さて数日サボっていた「フィッシングショー行ってきた」シリーズですが、今回はオフショア編(リールだけですが)をお送りします。

19炎月CT

僕のタイラバ用リールは炎月なんですけれども、(マイクロモジュールギアに釣られて買った)その時から「CT」というカウンター付きの炎月はあったんですが、その後やたらと機能アップされてですね、もはや「全部入り」になってきたのが今回の「19炎月CT」です。

一応、「マイクロモジュールギア」は非搭載ながらも

・カウンター

・フォールレバー

という、正直マイクロモジュールギアよりこっちのほうが必要なんじゃないの、と思われる機能が搭載されています。(ぶっちゃけマイクロモジュールギア不要です)

フォールレバー搭載機を実釣では使ったことが無いんですが、これ速度を調整出来るのですごく便利な気がしますね。

カウンターは電池式で、交換も簡単そうです。

買い替えたい・・・

19キャタリナ(ベイト)

とりあえずですね、第一印象が「見た目が格好いい」ですね。

もはやソルティガと変わらない高級感なのがキャタリナですが、定価が結構安くて3.4万円くらいです。

しかし悲しいのが「左ハンドルモデルが無し」という事なのです。(いつか出るかもですけど)

この漆黒ボディはオフショアで目立つのでは、という事でなかなか惹かれたのですが、右ハンドルモデルしか無いので、正直「巻心地が良いのか良くわからない」という問題にブチ当たりまして、いまいち使用感がお伝えできないのが残念です。

写真を振り返ってみたら、どうやらオフショア用リールは残り1つしか撮影しておらず、真打ちであるこちらが最後です。

19ステラSW

13モデルが今だに現役バリバリということで、なかなか出なかった「ステラSW」の新製品がこちらです。

ま、ただですね「僕ツインパSWの6000HG」しか持ってないので、「ステラSWが如何に良くなったのか」というのが全く良くわからないんですね(笑)

持ったのが14000番というのもまずかった・・。そもそも使ったこと無い番手ですしね・・。

という、今回は恐ろしく読む価値無し記事なんですが、炎月CTなんて良いんじゃないでしょうかと思うわけですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする