ジャクソンの「飛距離特化」のメタルジグ「ギャロップアシスト ロングキャスト」の動画が公開

最近メタルジグを投げる事が極端に少なくなってしまったのですが、先日

「たまにはメタルジグ投げるかぁ」

と思って投げたらジグパラマイクロを根掛かりしてロストしました。

メタルジグはボトムを取るので案の定根掛かりする事が多いわけですけど、「ボトムを取る」以外にも「飛距離」は当然の事ながら重要だったりするわけです。

メタルジグで飛距離を出すには「後方重心」のジグがよく飛ぶわけですけど、「飛びすぎダニエル」で飛距離特化のルアーを出しているジャクソンから、定番のジグ「ギャロップアシスト」の飛距離特化型である「ギャロップアシスト ロングキャスト」が登場しました。

動画

動画、、といってもはるか彼方に飛んでいってしまってるので、何メートル飛んだのかというのはよく分かりません(笑)

それより中々良さ気なのが「タダ巻き時のアクション」です。

後方重心によりタダ巻きでウォブリングアクションが起き、さらに小粒なデザインから、ベイトが小さい時に反応が良さそうなジグになっています。

改めて特徴

飛距離重視のコンパクトジグ
ギャロップアシストシリーズで、飛距離を特化させたモデル。
表面積を減らしたコンパクトにまとまったデザインなので、飛距離が出やすく広範囲を探れるのはもちろん、シルエットの小ささはベイトサイズが小さなときには大きなアドバンテージとなります。
スローからファーストまで幅広いリトリーブスピードに対応できるため、様々な魚種を狙うことができます。

出典:ジャクソン

実際のシルエットはこんな感じ。

ちょっとこのシルエットだけだと、小粒な感じ以外は伝わらないと思うんですけど、先程の動画にアクションがあるので一緒に見てもらえると良いと思います。

よく見ると後ろが膨らんでいて、後方重心であることが分かるかと。

一番小さい22gのものが45mmというサイズなので、まさにマイクロベイト。

ラインナップ

最大サイズでも56mmということで、今の季節や渋い時に最適。

・45mm / 22g

・52mm / 32g

・56mm / 42g

カラーは以下になっています。

僕は「ピンク系」「ゼブラグロー」に信頼を置いている人なので、「ホロピンク」「ゼブラグロー」が良いと思いますが「ゴールドグリーン」「ダブルアカキン」も持っておきたいカラー。「ブルピン」も捨て難い、、とか考えるとほぼ全部じゃん、という感じになりますね。

定番カラーがラインナップされているのも嬉しい。

そろそろ発売ではないかと思いますので、釣具屋さんに並んでるかもです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする