ダイワの低価格帯ロックフィッシュ専用ロッド「ハードロックX」お土産確保に必須。

ダイワ

ロックフィッシュゲームが人気である。

勿論宮崎でもオオモンハタやアカハタなどのハタ系の魚は多く生息するんですが、いかんせん

 

僕の住んでる県央エリアはサーフだらけ

 

という問題がございまして、なかなか縁遠い釣りではあります。

良型のカサゴが釣れるポイントがあって、一時期ちょっと凝ってたんですが

 

根掛かりしまくるのがヤダ

 

という問題により僕は最近ロックフィッシュ狙いということをしておりません。

ただ「釣って楽しい」「食べて美味しい」というハタ系の魚を狙う釣りが人気なのも頷けます。

 

というロックフィッシュゲームに低価格帯ロッド登場

ロックフィッシュは「すぐに根に潜る」という習性があるので、掛けたらバットパワーを生かして強引に浮かせる、というのがマストな釣りになります。

でも地形を把握するために穂先は非常に繊細な調子が必要。

ということで、別にどんな釣り竿でも出来なくは無いんですが、やはり専用ロッドが良いと思います。ただし、いちいち専用ロッド買ってたらお金が・・という問題があるところに、今回低価格帯のロッド「ハードロックX」が登場しました。

出展:ダイワ

特徴としては以下。

■入門者でもキャストしやすいマイルドなテーパー
■ネジレに強く根魚の引きに負けないブレーディングXバット
■上位シリーズを思わせるリボルバー調ナット
■ラインに優しいSiCトップガイド

トップガイドがSic、ブレーディングXバットが良いと思うポイントですね。

とにかく強引にファイトするにはこの2点が特徴です。

 

ハードロックXのラインナップ

ラインナップはこんな感じです。「83MB」や「86MHB」のように、よりパワーが必要な場合はベイトタックルが有利になるので、ベイトモデルがあるのもポイント。

まあ、、、僕はベイトリールの扱いが下手なので買うならスピニングになりますけどね・・。

 

実売は1万円切りのモデルも

 

「低価格帯」と言うからには高くても1万円台前半くらいでしょ、って感じですが、実際に実売価格は1万円を切るようなモデルもあります。

 

 

一番高価な「90MH」でも1万円台前半なので、ロックフィッシュを狙えるフィールドであれば、ショアジギングの合間に狙ってみるのも良いと思いますよ。

タイトルとURLをコピーしました