スーパーライトショアジギングにハマった結果、ライトショアジギングロッドを買う【本末転倒】

僕はここ数年釣りばっかりしていますが、それのきっかけとなったのが、ヒロセマンのライトショアジギングの動画だったんですよ。
その時買ったのが、メジャークラフトのソルパラ ライトショアジギングモデル「SPS-962LSJ」だったのです。

ヒロセマンの動画を見た後に「四季の釣り」見てたら伊丹さんも「LSJ」をもはや合言葉のように連呼するので、これは余程良い竿なのだろうと思って買ってみたんですよね。

Amazonで見る

楽天市場で見る

Yahooショッピングで見る

この後、たまたまジグサビキに出会い、初めて使ってみたらドラグを鳴らすような魚が掛かり、そこから1年くらいずっとジグサビキを投げ続けるという事が起きましたが、お陰様でいろんな魚が釣れました。メーター級のエイと戦っても折れませんでしたし、初心者が買うにはすごくオススメのロッドです。

完全に釣りが趣味になってしまったので段々と欲が出てきまして、高額タックルを買うようになってしまうわけですが(ロッドはそんなにいいもの持ってませんが)
この「ライトショアジギング」という釣りが原点なわけです。
しかしこのSPS-962LSJは非常に活躍してくれたものの、古くなってきたので友人にあげてしまいました。

いわゆるショアジギングロッドも買いましたが、如何せん重いのと、ぶっちゃけそんな大物掛かることなんて近所ではありませんので、ライトショアジギングで必要十分でした。

もっと言えば「スーパーライトショアジギング」でも十分なわけです、が、今メインで使っている「NSS-902SSJ」ですけど、扱えるルアーが5~30g、とあるんですけど、10g以下は飛距離が出ず、20gを超えると、ちゃんとロッドにルアーの重さを乗せてから

よいしょ

っていう感じで投げないとちょっと不安があるロッドなのです(実際には折れませんけどね)

15gのジグパラマイクロは適当に投げても爽快感のあるキャストになるので、メインはジグパラマイクロの15gになるんですけれど

100個くらいあるジグの大半が20g以上

という完全個人的な課題がありまして、これまで重いルアーはシーバスロッドで投げてたんですけど、やはり「ジグをシャクる」という観点からは専用ロッドが使いやすいので

今更スカイロード買った。

Amazonで見る

楽天市場で見る

Yahooショッピングで見る

今回買ったのはSKR-1002LSJ。

冬になりますとヒラメおよびオオニベと戦う(サーフで掛かったこと無いけど)必要がありますので、それなりの強さのロッドが必要ということでスカイロード。

メジャークラフトでいえばクロスライドのほうが軽くて見た目も格好良いのですけど、まあ1万円近く差があるので、ここはスカイロードでいいか、ということに。

ダイワのジグキャスターとかラテオも考えたんですが、やはりラテオはシーバスロッドでありますので、「ジグを投げる」というところでは専用ロッドのほうが良いかなと。

軽いので良いんですけどね。ラテオ。

ジグキャスターは、、、、忘れてた。

というわけでまだ届いていませんが、危うくNSS-942SSJを買ってしまいそうだったので、一旦スカイロードにしてみたんですけど、クロステージのSSJモデルが出たらそっちを買ってしまいそうな気もしています。

ですがしばらくはスカイロードで余ったジグをぶん投げる、という釣行を行い、飽きたらまたギリギリの仕掛けで、そこそこの魚を掛けて引きを楽しむようなライトゲームをする、というサイクルになりそうです。

しかし、スカイロードが必要なデカエバ/オオニベが釣れる日は来るのか・・・?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする