1年ちょこちょこ使って、1度もフグに齧られなかったワームが存在した(対シーバス)

僕のよく行く宮崎市大淀川の橋脚周りポイント。

シーバスもよく釣れるのですが、ワームを使うと大抵「フグ」や「チヌ」に齧られてしまいます

特に高価なアルカリシャッドなんて1投目から齧られてボロボロになることも多く、同じ悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

あまりにもVJ-16のワームが取られるので、対策としてメジャークラフトの「パラワーム3インチ」を使用するという対策も行いまして、

向きがアルカリシャッドとは逆にくっつける事になるのですが、これでも普通にシーバスは釣れます。

この場合、カラーは「ケイムラピンク」がオススメ。アルカリシャッドの半額で済みます。

というのは余談であり本来のお話

パラワームでワーム代を節約する、というのが今日の本筋ではなく、「そこそこ投げたが1度も齧られなかったワーム」が存在します。

誠に残念ながら、ワーム単体でも販売しているものの、とあるジグヘッドの専用ワームとなっていて、ワームだけを使う、、という事も出来なくはないですが普通やらないです。

アルカリシャッドより釣れるとは言いませんが、シーバス自体はちゃんと釣れます。

そんなワームを使用したルアーがこちら。

「ジャッカル ビッグバッカー ソフトバイブ」

以前に一度当ブログでも紹介したことはあるのですが、VJを使うことが多いのであまり出番は無いんですけれども、1年近く持っていて「一度たりともフグに齧られた事が無い」のです。

大きさなのか?素材なのか?というのはよくわかりませんがとにかく無敵の強さです。

あ、後部のダブルフックは無敵じゃなくよく外れるんでトレブルフックに交換したほうがよいです。

ちなみに115mmという大きさ故か、セイゴクラスはあまり釣れません。釣れなくはないです。

使い勝手その他についてVJと比較しますと

・飛距離  VJのほうが飛びます

・アクション VJのほうがワームの振動が激しく、よく釣れる印象

・フックサイズ ビッグバッカーのほうがデカいので大物を取れます

・お値段 ビッグバッカーは1000円前後なので安いです。でもピンテールワームの予備要らないです

という事でお値段とフックサイズ以外はVJをオススメするんですが、例えばデイゲームなんてフグがさらに活性が高い時がありますのでビッグバッカーを使用し、夜になってからVJを使う、なんていう使い方も良いと思います。

「セイゴクラスは眼中に無い」

「フグのストレスを解消したい」

という方にはオススメです。

ちなみに僕のホームでのお話なので、千切られたぞ!!なんていうお話ありましたらゴメンナサイ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする