新年1発目の船釣り行ってきた(2015/1/15)

DSC_0334

新年一発目の船釣りである。
昨年11月頃に最後に行った時はまさかのボウズ(サゴシは3ヒットほどしたが、リーダーが細くてジグを奪われたのみ)であったため、リベンジ釣行である。

場所はいつもの内海港沖。
船長の一押しのポイントは人気ポイントで、4隻ほどの船が既にいる。
魚探にもそこそこ映っている。

「今回は・・・いける!」

前回僕がボウズで船長が2匹という貧弱釣果だったため、今回は・・という思いで一杯であった。

前々回、サビキで大爆釣した時と全く同じ仕掛けをそれぞれ使う。

ただ、、全然アタリが無い。
全く無い。

そんな中、前回ボウズの時も一緒に乗ったO君がまさかの船酔いでリタイア宣言。
実は自分も吐きそうだったのだが敢えてこらえていたのだが。

というところで一旦港に戻り、O君を降ろして船長と2人で出港。
実はかなり自分もキツかったのだが、このままでは終われん、ということで乗り込む。

船長が25cmほどの大物カワハギをヒット。次にサンノジを上げるがそれはリリース。
さらに船長、30cmほどのサバを上げる。自分にはアタリは一切無い。

ただそれ以外は全くアタリは無く、船長といくつかのポイントをさまようが魚探にも全く映っていない。

というところで最後にまた最初のポイントに戻って再開。

船長が小アジを上げる。1匹だけど。
やっと自分にも小アジが1匹ヒット。1匹だとしょうがないので背掛けにして泳がせる。いつのまにか外れる。

というところで諦めかかった時に40cmオーバーのサバが自分にヒット。
あまりにも釣れずで手がつったものの何とかランディング成功。完全ボウズは免れた。

が、、、それ以降全く何も当たらず。ジグ投げるも今回は何も当たらず。
試合終了。

結局船長もそんなにたいした釣果でもなく、二人してまたリベンジ釣行Ⅱを行いましょう、ということで終了。

港に帰ってきた時に、近くの船に乗ってたおっちゃんに声をかけられたが、全くアタリは無かった、とのこと。
サバが釣れただけマシだ、とのこと。波も風もあまり無い好天だったのだが、なぜか一般的に釣りに向いている中潮の時より、
長潮の時のほうが釣れた。陸っぱりだと長潮なんてまともに釣れた試しが無いのだが。

ちなみに今回、釣った魚の重さを測ってみよう、と思ってこれを買ったのだが

1匹しか釣れなかったので、使うのを忘れたまま塩焼きになってしまったので、次回使ってみようと思います。
とりあえず精度が悪かろうが安いのでどうでもいいか、っていうことで。

タイトルとURLをコピーしました