ジャパンフィッシングショーに行ってきた(その4)ルアー編(グルービン88S、スライ110F、サルベージソリッド等)

どうしてもロッドやリールに比べるとブースの狭い「ルアー」ですが、これから発売される新製品も展示されましたのでご紹介。

グルービン88S

私愛用の「グルービン65S」のサイズアップバージョンの「グルービン88S」が3月に発売になります。買うでしょうね私は。

丁度開発者の山内さんがいらっしゃったのでお話を少しだけ聞きました。

・飛距離は65Sほどのインパクトは無いかも(65Sは固定重心ですが88Sは重心移動)

・カラーは65Sとほぼ同じが最初のリリース

・釣れるけど売れないカラーがある(笑)

ちなみに「釣れるけど売れない」のは黒系ルアーですね。グルービンには黒系がありません。

で、他のルアーであまり無いカラーがこれなんですが

昔は結構このカラー、あったそうなんですけど今ではありません。

結構東京湾にはこれは合っててよく釣れるそうですよ。僕宮崎ですけどね。

スライ110F

これ、もう売ってるんですね・・・買わないと・・・。

正直「何でスライストロング先に出したんや」と思うわけですけど、それはさておき年中使えるサイズ感の110mmサイズのスライです。

95Fが6.8gくらいしか無かったのでちっとも飛ばないんですけど、こちらは「14.2g」に重量アップで幅広いエリアを攻められるのではと思います。

BURST UPPER(バーストアッパー)

アクション動画が早く欲しいBURST UPPER(バーストアッパー)です。

スプラッシュ、ウエイク、ダイビングというアクションが付けられる上、「ただ巻きだけで魚を寄せる」とあるのでどんなルアーなのか期待大ですね。

ミニエント 70S

まだ開発中で発売時期も未定なようですが、これも出たら必ず買うルアーとなりそうな「ミニエント70S」です。

大野ゆうきさんとRED中村さんのセミナー聞いてた時に少し話が出てましたが、57Sと同じ「3Dダート」アクションは当然ながら健在なようですので、待ってる方としては一安心ですね。

サルベージソリッド100ES

シマノの爆釣ルアー「サルベージソリッド」に追加の100ESが登場するようです。

左上にスペックがありますが、33gとなかなかの重量があるのでぶっとび性能が期待出来そうですね。

サルベージソリッドなのでシャローというより水深のあるエリアで使う事になりそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする