ダイワの新リール「スイッチヒッターLBD(SH-LBD)」到着インプレ

ダイワから新発売されたレバーブレーキリール「スイッチヒッターLBD(SH-LBD)」が到着しました。最初実はローギアの「LBD」を注文してたんですが、やはりハイギアにしたくなりまして、「SH-LBD」になりました。

一巻きが79cmか93cmでそこそこ違うのと、よくよく考えると普段使っているリールがセオリーかセルテートのハイギア(84cm)なので、よりハイギアモデルにしようと思っての変更です。

ハイギアだけなら15ツインパワー4000XGがあるんですけど、最近ジグを投げる事も無く、投げても20g以下の軽いものしか投げないので出番が無いですね・・。たまにはデイゲームで使ってみようかなと思うくらいです。

ちなみにLBリールを買うのは初めてなので、何か勘違いがあるかもしれません。ご了承ください。

<追記>

実釣してきたインプレはコチラ

開封の儀

白の箱です。セルテートとかは黒でしたが白です。何で分かれているのかは不明です。

最近低価格モデルでは省かれている「リール袋」は付属してますね。僕意外と使うんですよねリール袋。別に純正である必要はありませんが・・・。

開封してみました。黒が基調になっているZAIONボディになっていて、なかなかカッコイイですね。ボディ部分はマットブラック的な感じです。ちなみにローターはD5だそうです。

別角度から。ボディの質感はこっちのほうが分かりやすいですね。

次に上から。スプール真ん中の丸い部分を押すことでワンタッチでスプールが外れます。

これが「ワンタッチスプール」というモノで簡単にスプールが外せて便利なんですけど、他のLB機以外とたぶんスプールの互換性がありません。なので交換する機会が無い(笑)

せっかくLB機なので0.8号を基本として巻きかえるつもりもあまり無いんですが、秋くらいにボトムを攻めるようになると、巻き換えないと根掛かりした時辛いですね。

巻いてみた

今回1回転93cmのハイギアというのは先に書きましたが、第一印象は

「巻き重っ」

です(笑)

ハンドルを外すと割とグリスがべったりだったので、最初はよくある話ですが、それにしても重いですね、、巻き出しは15ツインパワー4000XG(一巻き99cm)よりも少し重い気がします。馴染んできたら同等くらいになるかなぁ、という気もしますけど。

巻き心地も別段良いわけではないです。持っているリールで言えば16セルテートのほうが巻き心地は良いです。ギア比を考えても15ツインパワーのほうが巻き心地は良いですね。

個体差、という観点もありますが、たぶんそんなに変わらない気がします。

持った感じ

ボディも重いです。280gあるので当然ですけど。

まあ、これは普段セオリー2510PE-H(190g)を多用しているので当然の感想ですが・・。

基本的にシーバスは巻きの釣りになるんで、あまり重さは気になりませんけどね。

随所がやはり旧世代感?

そもそも「デジギアⅡ」であったりと「LTコンセプト」機ではないので、巻いた感じの少しのザラつき感も少し旧世代感があります。これも馴染めば解消するかもですが、買った直後の個人的な印象はそんな感じですね。

ただ、ラインクリップはLT機と同じ形状です。ここは地味に嬉しい。

他に気になった点

レバーをOFFにした時、本来なら非レバーブレーキリールと同じ状態なのですが、若干ながら遊びがあります(ほんの少しだけ逆回転する)

クレストとかの格安リールでたまに起きる現象ですが、LBリールってそんなものなんでしょうか・・?

他のリールでは全くそういう事は無いんですけどね。ちと気になります。

と、否定的な事を書きましたけど

LBリールは非常に高価なモノが多い(モアザンLBDとかエクスセンスLBなんて買えねえよと)中で、2万円台半ば〜後半で買えるというのは大きなメリットです。

練習が必要になりますが、とにかく「シーバスにエラ洗いさせない」とか、「ドリフトでルアーを遠くまで流す」、さらに小技として「レバージャーク」といったものはLBリールでしか出来ない事になるので、これらにメリットを感じる人は一度試してみるのも良いかと思います。シーバスの急な突っ込みに耐えられるような細いラインを使えるのもメリットですね。

さらに「レバーを操作して魚をコントロールする」といった感覚は通常のスピニングリールでは無い操作になるので、例えばスクーターよりギアチェンジの付いたバイクのほうが楽しい、という感覚と近い楽しさがあるのではないかな、と思っています。

とはいえ、普通のスピニングを持っていない時に買うのはあまりオススメしないですかね・・。

オススメする人としては

・普通のスピニングに飽きた

・1匹でも多くシーバスを獲りたい

・ドリフトを多用する

・出来るだけ細いラインを使いたい

といった人。逆にオススメしない人は

・巻き心地、軽さ重視

・コスパの良いもの重視

・最新の機構にこだわる人

という感じでしょうか。僕普段は後者なんですけどね(笑)

コスパについてはLBリールとしては良いんですけど、普通にスピニングとして考えると若干高いので、LBにコダワリが無ければ普通にフリームスLTを2台、番手違いを買ったほうが汎用的に使えると思います。

僕が買ったのはこちらのハイギアタイプである「SH-LBD」です。

巻き心地を重視する場合はローギアモデルのほうが良いかも。その場合レバージャークは厳しいっぽいですけど。ドリフトで流していくのもローギアのほうが良さそう。

ちなみに実釣しようと思ったんですが、雨なのでまた今度ということで。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする