18ステラか!18イグジストか!という中でポチったリールは「スイッチヒッターLBD」

※追記

結局「SH-LBD」を買いました

18イグジストに続いて18ステラが発売されまして、ネット上では「18ステラ VS 18イグジスト」の論争が日々繰り広げられておりますね。

僕個人はフィッシングショーで回してみた感じでは、どっちかと言えばイグジストかな?と思ったんですけど、なんとなくステラのほうが優勢な感じがしますね。なんとなくですけど。

という僕がポチったリール

昨日またリールを購入してやりまして、Yahooショッピングの魔の手に完全にハマっているわけですけど、このステラVSイグジストの構図の中で、今回買ったリールはと言いますと・・

スイッチヒッターLBD

なのです(笑)

4月発売なのでまだ発売されてません。あと1ヶ月はかかるのではないでしょうか。

理由は1つ。

シーバス用のレバーブレーキリールを使ってみたかった

以上終了な理由です。18フリームスLTとか何で買ったのかという気がします。

改めて「スイッチヒッターLBD」の特徴を振り返る

出典:ダイワ

今回買ったのはハイギアの「SH-LBD」ではなくローギアの「LBD」のほうです。

SH-LBDは一巻き93cm、LBDは79cmとなっております。

ちなみに先日買った18フリームスLT3000は77cm、普段良く使うセルテート、セオリーは84cmとなっています。

ちょっとハイギアに慣れてしまっている感があるのですが、僕のシーバスフィッシングは基本的にはナイトゲームになるので、「ゆっくりルアーを見せる」という点からローギアをチョイス。

そしていくつか特徴。

・ハンドル交換が出来る

今回のスイッチヒッターLBDはハンドル交換が出来ますので、ローギアモデルは55mmのハンドル長なのを、セオリーやセルテートの60mmハンドルに変えようと思っています。

変えられるかは届くまで分かりませんけどね!

・ローターはZAIONかと思いきやD5

これは特徴というか何というか、、、ですけどローターはZAIONではなくD5だそうです。

フリームスのような廉価リールによく使われるようになったD5なのですが、別に困るような要素ではないかなと。

でもZAION採用とあるのでボディはZAIONなんですかね。分かりませんけど。

・レバージャークが気になる!

元々レバーブレーキリールをシーバスに使用する理由としては

・シーバスの突っ込みに耐える

・エラ洗いを抑える

・ドリフトの流しやすさ

といったところなのかなと思うのですが、こちらのオヌマンさんの「レバージャーク」はかなり気になります。

いわゆる「ジャーキング」をリーリングだけで実現するのがこちらのレバージャークなんですけど、ロッドを動かさないため違和感を与えずジャーキングする事が可能となっていて、バヒッド80と合わさるとキレの良い動きが生まれ、これはリアクションバイトするでしょ、という動きが出るようです。

ちなみに、今見たらAmazonで¥382だったので僕がリアクションバイトしました。

と、いうわけでフラッグシップモデルも良いですが、「新しい釣り方」をいろいろと試してみるのも楽しいと思います。

特に「シーバス」という魚は地域によって釣れるルアーやカラーが違う、というのも面倒くさいようで面白い所でもありますので、また届いたら釣果をUPしたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする